SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

DX推進に欠かせない「強い個人」の存在/Shopifyで越境ECがさらに容易に

-[Vol.423]-------------------------------------------------------
このメールは翔泳社のメディア・イベント・サービスにご登録いただいた方に
お送りしています。配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------

[0]目次
----------
[1] 今週のホットトピックス
[2] 新着記事一覧
[3] 新着ニュース
[4] 人気ランキング
[5] 季節に一度の雑誌『季刊ECzine』
[6] 配信停止の方法

ニュース・記事配信中! ECzineのソーシャルメディアはこちら
* Twitter : https://twitter.com/ECzine_jp
* Facebook: https://www.facebook.com/eczine
記事のプッシュ通知設定はこちらから


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 今週のホットトピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは、ECzine編集部です。
今週のオススメはこちらです。

●「強い個人」を活かすコミュニティ作りへ アパレルウェブが語るビジネスを
成功に導く3つのキーワード


本記事によると「発見」「体験」「コミュニティ」が現代のビジネスの成功を
左右する鍵になるとのこと。
DX推進にあたり、必要とされる組織の変革や担当者の行動、意識づけについての
ヒントが盛りだくさんな記事です。

ニュースでは、オススメ記事でも言及されているShopifyが発表した
越境EC関連のトピックが注目を集めていました。

●Shopify、ストア情報を150ヵ国以上の適切な言語に自動翻訳できる新アプリを
日本で提供開始


海外との行き来が徐々に戻り始める昨今。
インバウンド対策としても、日本にいながら海外の顧客とつながり続ける機会を
作っておくことはとても大切です。
越境ECの課題となる多言語化・ローカライズがここまで容易になると、
売りかたの幅もより広がりますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 新着記事一覧:6本(9/14~9/21)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆モバイルアプリをCRM推進のきっかけに STORES新サービス責任者に聞く
今後の顧客交流のありかた
 顧客が日常的に使用するスマートフォンで、交流の機会を創出できる
モバイルアプリ。とくに実店舗と自社EC双方を運営する小売事業者にとっては、
重要な顧客接点になりつつあると言っても過言ではないだろう。
顧客のオンオフの動きを可視化し、集まったデータを活かすことで
企業・ブランドは何ができるようになるのか、2022年7月より
「STORES ブランドアプリ」の提供を開始したhey株式会社(2022年10月より
STORES 株式会社に社名変更)のCRM事業部門 部門長 内田皓大さんに
事例を交えてもらいつつ、話を聞いた。


◆LINEギフト2,500万ユーザー突破 上半期季節催事の流通額が過去最高に
 EC事業者がおさえておきたい13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。
LINE関連サービスのPR担当の皆さんに聞きました。
※本記事は、2022年9月25日刊行の『季刊ECzine vol.22』に掲載したものです。


◆2022年8月にいちばん読まれたEC関連の記事はどれだ!? アクセストップ10
 2022年8月にいちばん読まれたEC関連の記事は? アクセストップ10は
次のとおりです。


◆プラットフォームの短尺動画注力が加速 ECはTikTok売れに乗ろう
 EC事業者がおさえておきたい13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。
アライドアーキテクツの藤田さんに、SNSについて聞きました。
※本記事は、2022年9月25日刊行の『季刊ECzine vol.22』に掲載したものです。


◆「強い個人」を活かすコミュニティ作りへ アパレルウェブが語るビジネスを
成功に導く3つのキーワード
 DX推進、Shopify活用、ブランド構築。いずれも現代のビジネスをあるべき姿に
する上では必須かつ注目されるキーワードであると言えるが、具体的に自社の
目指す先を見定めるのが難しいと考える方も多いのではないだろうか。
2000年に創業しインターネットやECの発展、世の中のデジタル化を目の当たりに
してきた株式会社アパレルウェブの千金楽さん、東さん、君岡さんの3人に、
「これからの小売・ブランドのありかた」についてそれぞれの視点から
話を聞いた。


◆意外と知らない日本のECから買う国や好みの決済手段を調査!「2022年ペイパル
海外通販レポート」
 ペイパル(PayPal)が毎年発表している海外通販レポートの2022年版が8月に
リリースされた。インバウンド減と円安傾向で脚光を浴びる越境EC。2022年こそ
本腰をと思うなら、ぜひチェックしてほしい内容だ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 新着ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・住友商事、物流センターの業務可視化システム「スマイルボードコネクト」の
サブスク販売を開始(09-20)


・「Shopify Plus - LINE活用の現場に迫る!最前線事例セミナー」が
11月10日に開催(09-20)


・「メルカリShops」、CSVファイルで商品一括登録ができる機能公開 商品登録の
時間と手間を大幅削減(09-20)


・60代以上の「推し活」、人気はK-POP K-POPグッズは20代以下からの逆おさがり
/メルカリ調査(09-16)


・Shopify、ストア情報を150ヵ国以上の適切な言語に自動翻訳できる新アプリを
日本で提供開始(09-16)


・吉野家がヤマト運輸と流通スキーム再構築に合意 商品の保管~発送をヤマトの
物流ネットワーク上に一元化(09-16)


・ZOZO、物流拠点「ZOZOBASE習志野2」に再生可能エネルギー由来の電力を100%
導入(09-15)


・ナノオプト・メディア、『デジタル・コマース2022』10/20開催 eビジネス関連
の最新技術など紹介(09-15)


・Yext、Googleビジネスプロフィールのパフォーマンスが可視化できる新機能開始
(09-15)


・フライウィール、書店事業向け自動発注システムを機能拡張 TSUTAYA店舗へ
全国展開開始(09-14)


・10/5,6「ECのミカタFESTA」開催 EC支援企業38社が出展、基調講演に有名企業
16社が登壇(09-14)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 人気ランキング(9/14~9/20)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<記事>

●1位 LINEギフト2,500万ユーザー突破 上半期季節催事の流通額が過去最高に


●2位 「強い個人」を活かすコミュニティ作りへ アパレルウェブが語るビジネス
を成功に導く3つのキーワード


●3位 数字を見るだけで成果につながるマーケティングはできない 今日から実践
したい思考法と想像力の養いかた


●4位 意外と知らない日本のECから買う国や好みの決済手段を調査!「2022年
ペイパル海外通販レポート」


●5位 2022年8月にいちばん読まれたEC関連の記事はどれだ!? アクセストップ10


<ニュース>

●1位 「メルカリShops」、CSVファイルで商品一括登録ができる機能公開 
商品登録の時間と手間を大幅削減


●2位 60代以上の「推し活」、人気はK-POP K-POPグッズは20代以下からの
逆おさがり/メルカリ調査


●3位 Shopify、クリエイターや新規事業者向けの「スタータープラン」を日本で
提供開始


●4位 国内アパレル業界はメタバースやデジタルファッションに注目するも
参入済み企業はごく一部/矢野経研調査


●5位 Shopify、ストア情報を150ヵ国以上の適切な言語に自動翻訳できる新アプリ
を日本で提供開始


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] 季節に一度の雑誌『季刊ECzine』を試し読み
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ECzine編集部では、2017年6月から
季節に一度の紙の雑誌『季刊ECzine』を刊行しています。

最新号の特集はこちらです。

●季刊ECzine 第21号
『Roads to 2025
~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~』


なお、過去20冊分の記事をウェブに再掲載した「プレミアム記事」が
Amazon Payでもお読みいただけるようになりました。
よろしければお試しください。

●『季刊ECzine』掲載記事がウェブでも読める!ECzine Premium


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[6] 配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの配信停止はこちらからお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/ecz?token=&utm_source=22372&utm_medium=email

配信先の変更はこちらから(ログインが必要です)。
https://shoeisha.jp/users/account

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/ecz/
 へご連絡ください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 ECzine編集部
(c)2013 SHOEISHA. All rights reserved.

Special Contents

PR

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング