SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineブログ

アリババ上場で盛り上がっていますが、そういえば2年前に中国ECの取材に行ってましたっけ

2012年ですが、中国のWebマーケティング、ECに関するカンファレンス「iResearch Annual Summit Beijing」に取材に行かせてもらってました。

 こんにちは、ECzine編集長の倭田です。アリババの上場でそういえば、2012年に中国出張に行ってきたことを思い出しました。「iResearch Annual Summit Beijing」の取材です。

 学生さんのアルバイトに同時通訳してもらいつつ聞いていたのですが、講師やパネラーが「結局、あの黒い猫には敵わないんですけどね」と皮肉を言って笑いが起きる、ということが何度かあって印象的でした。黒い猫というのは、アリババが運営するBtoCのECモール「天猫(tmall.com)」のことです。

左下のこの子です
http://www.tmall.com/

 「iResearch Annual Summit Beijing」の中から、5つのトピックスを記事にしています。その頃は私、MarkeZine編集部にいましたので、そちらのサイトに飛びますがご了承を。

 2011年度中国で最も影響力があったネット系企業14社で、アルファベット順ということで>阿里巴巴(Alibaba)はいちばん最初に登場しました。2011年12月31日時点で、販売者がCでもBでもOKなマーケットプレイス「淘宝网(taobao.com)」登録ユーザーは3.7億人でしたから、日本の人口を圧倒的に超えていて、スケールが違うな~とびっくりしていました。

 実は、うちのメディアの現地版を作って中国へ!みたいな話もなかったわけではないのですが、このカンファレンスに参加して、そういうのまったく通じないなと思いました。とりあえず、中国のネット系企業(とその投資家たち)は、日本のサービスに興味がなさそうでしたから。「◯◯のように」としてあげる企業名は、Google、Apple、Facebookあたりでした。

 ご存じのとおり、中国で海外のサービスを使うのは難しいです。ある回線により使っている人たちもいるのですが、私がホテルの有線でつなごうとすると、Facebook、Twitterにアクセスできませんでした。Gmailは少し見られたかな? 

 代わりに検索ならBaidu、Facebook系SNSならrenren、Twitter系はWeiboというのがあり、中国では中国のサービスを使うように!ってことですよね。

 また、中国から日本のサイトにアクセスするととても遅かったです。検閲があるという話ですね。今もあるのかなぁ。現地法人を作ってホスティングすると、普通の速度になるようですが。速度だけでなく、物流のモンダイももちろんありますし。

 ECにかぎらず、中国で海外のネットサービスをするのはハードルが高いということですよね。楽天さんも撤退されましたし、Amazonさんも苦労しているとかいう記事を見たことがあるような。

 EC事業者さんにとっては、「タオバオへの出店、検討してみるか」というところでしょうか。千趣会さんとか、ユニクロさんとかは昔から出られてますもんね。もちろん、どんなサービスにもあることですが、怪しい支援業者さんにはつかまらないようお気をつけください。

 MarkeZineには、中国ECに関するコンテンツがいくつかあります。ちょっと古いので、ご参考までということで。

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECzineブログ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集長 倭田 須美恵(ワダ スミエ)

2013年11月11日、ECzine初代編集部。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/blog/detail/1176 2014/09/27 14:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング