SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

アパレルECの今を語る

アパレルの常識を覆した戦略で躍進 D2Cブランド「CITERA」の鍵は“マイメンビジネス”にあり


 アパレルEC関連のさまざまなゲストをお招きし、ビジョナリーホールディングス(メガネスーパーの親会社)でEC・オムニチャネル推進を統括する川添隆さんと対談していただくこのコーナー。第20回は、ヤマト インターナショナルでD2Cブランド「CITERA」を立ち上げた長尾享諭さんが登場です。

身近な仲間の協力で成果が生まれる“マイメンビジネス”がブランドの強み

川添(ビジョナリーホールディングス) 長尾さんはアパレル業界に長く身を置かれていますよね。これまでのご経歴からCITERA設立や現在にいたるまでのお話は、とても興味深いと思っています。

長尾(ヤマト インターナショナル) 学生の頃からファッションビジネスの世界にかかわってきました。ちょうど10年前に自身で経営していた会社を売却したのですが、「従来型のファッションビジネスはもうやりたくないな」と思っていたところ、ご縁があって声をかけられたヤマト インターナショナルにジョインしたのが2015年のことです。

入社後にやったことは、会社の強みや弱みの要素分解です。「強みを活かした会社のプレゼンス向上」を自分のミッションに掲げて、そのために新規事業を3つ立ち上げようと決めました。まずはD2Cブランドのローンチ。当時訪れたニューヨークで「BONOBOS」や「THE APARTMENT by The Line」などのD2Cブランドから刺激を受け、立ち上げたのが「CITERA」です。

CITERA

2016年にヤマト インターナショナルが発表したオンラインファッションレーベル。都市部での短距離移動から、都市間での長距離移動に適した「アクティブ・トランスファー・ウェア」をテーマに展開。スタンダードなスタイルにテクノロジーを用いた素材や機能を持たせ、「活動的に=Active」「移動=Transfer」する都市生活者の「より快適」で「よりスマート」な都市型ライフスタイルをサポートする。販売はオンラインをベースとし、ウェブマーケティングを中心とした展開を行っている。

CITERA公式ウェブサイト

長尾 次に、ふたつの海外ブランドの商標権を買収してリブランディングを行いました。これらの新規事業に共通しているのは、「店舗展開ではなくウェブマーケティングに投資した」という、今までのアパレルの常識ではまず行わない戦略です。オフラインではなく、オンラインでアクセルを踏んで認知度を上げ、ファンを増やすことに注力しました。

2016年のCITERAローンチ時、ブランド背景や展開、対談などの取材記事をコンテンツ化し、Facebook広告を使ってブーストを行ったところ、一気に拡散され、著名なファッションウェブメディアにも取り上げてもらい、ファン化につながりました。同時期に行った3日間限定のショールーミングストアにも約1,000名のお客様に来ていただき、良いスパイラルが生み出せました。無名のブランドがすごいスピードで有名になる体験を通して、売り上げがスケールする瞬発力にも驚きましたが、実績重視のデベロッパー各社からたくさんの出店オファーをいただいたのは予想外の反応でした。

こういう結果が生まれたのも、身近な仲間たちの協力やご縁があったからだと強く思います。D2CやDNVB(Digitally Native Vertical Brand)というビジネスモデルではなく、“マイメンビジネス”であることがCITERAの一番の強みであり、大切にしている部分です。

川添 最近、D2CやDNVBという言葉がひとり歩きしている印象を感じています。経営陣から「D2Cをやれ」とお達しが下る大手アパレル企業もあるみたいですが、現場で正しく理解されないまま進められようとしているので少しヒヤヒヤします。オムニチャネルの時と似ていますね。当事者としてD2Cの流れをどう見られていますか?

長尾 ワードの先走り感はともかく、ECやSNSのようなプラットフォームの発展によって、ファッションのみならず音楽や映像の分野でもその流れになるのは自然な気がします。D2CやDNVBは広い意味でファンビジネスだと私は捉えているので、音楽業界でアーティスト自身がSNSや新たなプラットフォームを活用し、楽曲を売るのと近いのではないでしょうか。ファッション業界の歴史を振り返ってみると、90年代のストリートカルチャーを牽引したブランドは、正にバーティカルブランドだったのではないかと思っています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
基幹事業の成功体験が社内のEC理解を深めた

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
アパレルECの今を語る連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社ビジョナリーホールディングス(メガネスーパー) 取締役 CDO・CIO 川添 隆(カワゾエ タカシ)

千葉大学デザイン工学科卒。販売、営業アシスタントとしてサンエー・インターナショナルに従事後、ネットビジネスを志しクラウンジュエルでささげ業務から企画、PR、営業まで携わる。2010年にクレッジに転じ、EC事業の責任者としてEC事業を2年で2倍に拡大。その後2013年7月より現職。EC事業、オムニチャネル推進、デジタルマーケティング・コミュニケーション、デジタルを活用した店舗支援を統括。EC事業...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

渡辺 佳奈(ワタナベ カナ)

1991年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部を2013年に卒業後、翔泳社に新卒として入社。約5年間Webメディアの広告営業に従事したのち退職。故郷である神戸に戻り、現在はコーヒーショップで働く傍らライターとしても活動する。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/7007 2019/09/27 10:07

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング