SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ライブコマースのホントのところ

「お客様も、配信者側も、楽しめることが大切」手探りながら見えてきたズーティー流ライブコマース


 メルカリのライブコマース機能として提供されている「メルカリチャンネル」で、法人企業のライブ配信がスタート。参画企業の担当者に、現状の取り組みや今後の展望などを聞く。今回は、ファッション通販サイト「イーザッカマニアストアーズ」を運営するズーティーの石川直子さんと、メルカリ事業開発部の石川佑さんにお話をうかがった。

メルカリの「気軽さ」に期待し、幅広い層に知ってもらうチャンスと感じて参画

 ライブ配信動画を通じて、視聴者と配信者が双方向でコミュニケーションしながら商品を売買できるライブコマース。2017年から関連アプリも続々とリリースされ、大きな盛り上がりを見せている。

 フリマアプリ「メルカリ」でも、2017年7月にライブコマース機能「メルカリチャンネル」の提供を開始した。当初は従来のメルカリのサービス同様にCtoCでの利用に限られていたが、同年12月1日よりメルカリ内でのBtoC利用の「特区」として法人向けにも開放。EC事業者など11社が参画し、メルカリチャンネルでのライブ配信・商品販売を開始した。

 レディースアパレルのECストア「イーザッカマニアストアーズ」などを展開するズーティーも、その参画企業の1社だ。同社でライブ配信を担当するのは、実店舗事業部マネージャーであり、zootie styling lab スタイリストの石川直子さん。石川さんによれば、ズーティーでは以前よりライブコマースに関心を寄せていたという。

 「Ustreamのサービスが始まった頃、『こういうライブ配信をしながら商品を販売できたら楽しそうだよね』という話は社内でよく出ていました。ただ、それを自社のリソースでやるのは難しかったこともあり、『やってみたい』だけで終わってしまっていたんです。そんな経緯もあり、今回メルカリチャンネルのお話をいただいた際は『とりあえずやってみよう。トライ&エラーを繰り返していけばいい』と、抵抗なく踏み切れました」

有限会社ズーティー 実店舗事業部 マネージャー/石川直子さん
有限会社ズーティー 実店舗事業部 マネージャー/石川直子さん

 ライブコマースのアプリやサービスがさまざまな企業から提供されている中で、メルカリのプラットフォームを使うことに対する期待もあった。

 「メルカリの魅力は、多くのお客様がとにかく『気軽』に利用していることだと思っています。その中でライブ配信を行えば、これまでイーザッカマニアストアーズのサイトに来たことのない人たちも含め、より幅広い層のメルカリのお客様に私たちのショップや商品のことを知っていただける。これは大きなチャンスになると感じました」

 メルカリチャンネルでの初回のライブ配信は、石川さんと同社取締役の浅野かおりさんの二人が担当した。

 「まずは『やりたがり』な者が出ようということで(笑)。どんな感じで進めていくのか全くの手探り状態で、やはりグズグズな内容になりましたが……。ただ、思っていた以上にお客様とコミュニケーションがとれたのは、うれしい驚きでした。『誰からもコメントをもらえなかったどうしよう』『さびしく終わってしまったら嫌だな』などと二人で心配していたのですが、コメントやいいねもたくさんいただきまして」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
商品のストーリーを語れるのは、当事者である企業やショップの「中の人」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

萩原 敬生(ハギワラ タカオ)

ライター。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/5369 2018/02/01 11:18

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング