SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

編集部インタビュー

B2BのECってどうですか?熱電対コネクタのオメガエンジニアリングさんに聞きました


2014年1月15日から、スペクトリス社の新規事業部として始まった、測定機器や制御装置を扱うメーカー・オメガエンジニアリング。米国ではB2BのECサイトとして実績を持つが、果たして日本では。B2Bのネットビジネス畑で実績を持つ、同社のカントリーゼネラルマネージャー武田智彦さんにお話をうかがった。

フィールドセールスなし!オメガエンジニアリングのECが日本でもスタート

――測定機器のB2BのECサイトというと、どんな世界なのか想像がつかないです。

 「日本のB2Bサイトというと、例えば文具ならアスクルさん、工具ならモノタロウさんといった、それぞれの業界の商社がサプライヤーから商品を集め、カタログを発行しネット販売を行っています。ネット販売=個人というイメージが強いと思いますが、B2B業界においてもネット販売によるビジネスチャネルは過去10年で飛躍的に拡大しています。 ただし、当社のようなメーカーという立場でECサイトを展開しているというのは、日本では珍しい存在だと思います。

 当社は約10万点もの商品を取り扱っており、きめ細やかな技術サポートと短納期で商品を提供するビジネスモデルがお客様からのご評価をいただいております。メーカーとして計測・制御分野に特化した自社製品のみを扱うECサイトですが、商社なみの品揃えをワンストップで調達できる利便性があるからこそ、多くのお客様のリピートに繋がっているのだと考えています。

オメガエンジニアリングのサイト

 また、当社は熱電対(温度センサ)のメーカーとして幅広く知られていますが、その中でも熱電対用コネクター(オメガコネクタ)は、多くの熱電対メーカーさん、アプリケーションで採用していただいており、歴史的にこのような看板製品があったことも、日本市場に入っていきやすい要因だったと思っています。

 米国のオメガエンジニアリング社では、カタログ販売をメインとして北米市場で成長してきましたが、2000年頃からはネット販売にも力を入れており、創業以来フィールドセールスを持たずにビジネス展開をしています。ダイレクトメール、メールマガジンや専門雑誌などを通じてプロモーションを行い、お問合せいただいた方に、レスポンスの良いきめ細やかな技術サポートを提供していく、日本でもそういったビジネスを展開しています」

――こういうモノって、日本でもネットで買うものなんでしょうか。

 「これまで当社の製品をご購入いただく場合、オメガエンジニアリング社 米国・英国より輸入をしていただいていました。FAXやeメールでのご注文がほとんどでしたが、日本語のサイトをオープンし、日本円で決済ができるため、これからは多くのお客様に当社のウェブサイトをご利用いただけると思います。

スペクトリス社 武田智彦さん

 私は長らく、B2Bの大手企業向けeコマースを担当してきましたが、大手企業でも10~20万円までは経費発注という形で、現場での購買権限が認められているケースが多く、部署単位での予算を持っています。 そのため、当社の製品の価格レンジだとハードルはさほど高くはないのではと考えています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
提案する技術サポートで日本の商習慣にあったビジネスを

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
編集部インタビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集長 倭田 須美恵(ワダ スミエ)

2013年11月11日、ECzine立ち上げ。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/426 2015/10/28 15:39

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング