記事種別

レンタルドレスで越境ECに挑戦! 海外製オープンソース「Magento」を選択した理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 架空の企業が独自サイトを主に越境ECに取り組む物語をお届けします。第3回は、レンタルドレスのECで成功した企業が、インバウンド観光客向けにもレンタルと、リユースドレスの販売に挑戦します。この物語はフィクションですが、越境ECを考える事業者さんのお役に立つヒントが何かしらあるかと思います。

レンタルドレスで越境ECに挑戦!リニューアルを決意

 当社は、結婚式・パーティ向けのドレスをレンタルするECサイトを運営しています。10年間の運営で、取扱商品数は約4,800点、年商は8億円ほどの規模になりました。

 今回、新規事業として、訪日観光客向けにドレスのレンタル、リユースドレスの越境EC販売に取り組むことが決定、担当者に抜擢されました。サイトを英語対応するのを機に、国内向けの日本語版もリニューアルすることにしました。

 レンタル用のサイトを制作する場合、レンタル期間の計算、延泊料金、アクセサリー等のオプション品を同時に申し込めるようにするなど複雑で、通常のECサイト制作とは異なる難しさがあります。

 国内向けECサイトを、オープンソース「EC-CUBE」で構築して6年経ちますが、必要に応じてのカスタマイズを都度行ってきたので、顧客目線で見ると使いにくいサイトになっていました。さらに、受注後の社内での運用もわかりにくい状態でした。

 とくに、レンタルストアにもかかわらず「カレンダー機能」がないのが致命的です。どの期間レンタルするかを「2泊3日」「4泊5日」「6泊7日」という購入ボタンから選択しますが、それ以外の日程は、すべて個別メールか電話で対応しているのが現状です。

 この現状を打破するために、越境ECに取り組むのを機に、国内向けのサイトもリニューアルを決めました。

海外製オープンソース「Magento」と出会う

 ECサイトではなく、レンタルサイトに特化したプラットフォーム。どのように探していいのかもわからず、複数の制作会社に相談・見積もりを依頼しました。ほとんどが、現在利用中であるEC-CUBEを用いての提案でしたが、1社だけMagento(マジェント)での構築提案があり、目を引きました。

 Magentoは、名前そのものもその時はじめて聞いたのですが、EC-CUBE同様、オープンソースのEC構築プラットフォームだと知りました。調べると、25万ストアが利用していて、オープンソースのEC構築プラットフォームとしては世界シェア1位とのこと。実績面でも良さそうな情報を複数見つけましたが、いくつかの懸念がありました。

懸念点

  1. 海外製なので、管理画面が日本語に対応しているか
  2. 国内の決済代行会社を利用しているがその対応は十分か
  3. 切り替え時の顧客・受注管理・商品データの移行作業は大丈夫か

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:越境EC物語

2015年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5