SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Tokyo Otaku Mode吉見の越境ECトーク

WMSも倉庫も内製フルスクラッチ!越境ECの先駆者「Tokyo Otaku Mode」、物流の裏側


Tokyo Otaku ModeのMDチームマネージャー 吉見晋平さんに、越境ECに関するトピックスを語ってもらいます。今回は、越境ECの物流がテーマです。

Tokyo Otaku Modeに聞く、越境EC 物流のポイント

 「越境ECって、難しそうですね」とよく言われますが、その理由のひとつに、海外物流の得体がしれないから、というのがあるのではないでしょうか。実は、越境ECの物流にそれほど難しいことはないと思っていて、今回のコラムでその意識を少しでも変えられたら、と考えています。

 そもそも、中小のEC事業者の方のなかには、日本のECにおける物流についても、「難しい」「ソリューションがわからない」とおっしゃる方たちも多いです。そこに「海外」が入ってくるわけですから、さらにハードルが上がってしまうのでしょう。でも、受注を受けて、集荷、ピッキング、パッキングするという大枠のフローが変わるわけではありません。

越境ECのソリューションは「EMS」

 まず、越境EC物流のソリューションですが、ほとんどの場合、日本郵政さんの「EMS」が利用されています。そして、EMSをを利用する際に必要な情報は、すべて日本郵政さんから提供されているので、それに沿ってやっていけばいいだけです。

 おそらくお客様から「送料が高い」という声が寄せられると思いますので、配送できる商品が限られるのですが、「SAL便」「SPR(小型包装物)便」といった別のサービスをうまく取り入れていくといいでしょう。

 梱包については、極端に言うと「箱をばんと投げて、壊れたら段ボールが悪い」くらいの扱いをする国もありますし、日本よりはるかに長い陸路を越えて配送されるため、到着したら段ボールがボコボコだった、ということは起きています。ですから梱包資材は、日本で考えるよりも強度が高いものを選ぶべきでしょう。

海外からのお問い合わせも、日本とほぼ変わらない

 気になるのは、カスタマーサポートでしょうか。海外の方からどんな問い合わせが来るか、どういったトラブルが起きるのか、返品率はどれくらいか、といったことが見えないと、基本的な対応ルールも決められないですよね。

 Tokyo Otaku Modeでの経験から申し上げると、海外のお客様からいただくお問い合わせの内容も、日本とそれほど変わらないです。「今、荷物はどこにありますか?」「この商品の在庫はありますか?」といった、ECではよくある問い合わせです。それに真摯に対応して、お客様の声をサービスに反映していくのが、ノウハウといえばノウハウでしょう。

 ちなみに、発送したにもかかわらず「商品が届きません」という場合、海外で商品がロストした可能性が高いのですが、当社の場合は、代替品を発送したり、返金に応じたりしています(最近は、そういったトラブルも減ってきていますが)。

 ECサイト上で、決済方法やカスタマーサポートポリシーを明示化するのもいいでしょう。「問い合わせ対応もコスト」という考えかたで、とにかくFAQで対応する日本のサイトもありますが、「解決しましたか?」「してません」ということ、よくありますよね。

 対応できる体制を整えるのも大変かと思いますが、海外のサイトから購入するのは、国内よりさらに不安ですから、「何かあったら対応します」という安心感を、サイト上で示すのは効果的だと思います。ちなみに、当社のカスタマーサポートは現在4名体制ですが、全員ネイティブのメンバーを揃えています。

Tokyo Otaku Modeさん登壇!「ECzine Day 2016 Spring」

恒例となる春の無料イベント、今回は「小売EC」にフォーカスしました。編集部企画のセッションは、「テクノロジー」と「越境EC」です。越境ECのセッションには、自社EC、楽天市場、Amazonの代表企業さんにご登壇いただきます。自社EC代表として、Tokyo Otaku Modeさんにご登壇いただきます!最後のセッションだけ来ていただいてもOKです。詳細・お申し込みはこちら⇒ ECzine Day 2016 Spring

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
越境だから遅くて当然、ではなく、物流のレベルを落とさない

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Tokyo Otaku Mode吉見の越境ECトーク連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

Tokyo Otaku Mode Inc. EC事業部 MDチーム マネージャー 吉見晋平(ヨシミ シンペイ)

楽天株式会社入社後、パッケージメディア事業部にて音楽・映像コンテンツに関するB2Cのバイイング業務に従事。事業開発を通し、商品戦略やサプライチェーン戦略を担当し、シンガポールにて海外ECの立ち上げを行いました。2014年Tokyo Otaku Modeへ。日本のコンテンツを世界に発信するメディア運営...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/2521 2016/02/15 11:34

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング