SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ネット広告の費用対効果を最大化する “最強の売れるノウハウ”大公開!

加藤公一レオさん著『100%確実に売上がアップする最強の仕組み』のEC業界的読みかた


ネット広告業界で単品通販に強い人といえば? 売れるネット広告社の加藤公一レオさんですよね。そのレオさんが本を出されたということで、読んで感想を書いてみました。ゴールデンウィークに読む本をまだ決めていないという方は、参考にしていただければと思います。

売れるネット広告社代表・加藤公一レオという人

 世の中広いので、もしかして加藤公一レオさんを知らないという人がいるかもしれませんから、簡単に紹介しておきます。

 商社、広告代理店を経て、売れるネット広告社を起業。ネット広告を活用したダイレクトマーケティングの専門家で、「ネット広告の費用対効果を100%確実にアップする」と言い切ります。

ちょっと前の写真で失礼。最近、東京タワーが見えるオフィス(東京支社)に移転されました。

 ただ、それはハッタリではないようで、やずや、JIMOS、山田養蜂場といった有名通販企業をクライアントに抱え、かつては「レスポンスの魔術師」との異名で呼ばれていました(今もレスポンスすごいと思いますが、レスポンスという言葉自体があまり言われなくなったので)。

 Facebookの投稿を見ていると、ギラギラの高そうなお店で飲んでいるか、リゾート地にいる気がします。「いつ働いているんだろう」と思わせつつ、執筆等を依頼するとすばらしい即レス、クオリティです。

 SNSもエゴサーチをなさっているらしく、自身や自社についての投稿をリツートし、ファンを増やしています。バブリーとマメさが同居する、ステキな方です。

『100%確実に売上がアップする最強の仕組み』読んでみた

 そんなレオさんが2015年3月に上梓されたのが、『100%確実に売上がアップする最強の仕組み』。装丁も赤と黒で、印象的ですね。目次を見ると、各章タイトル「上げる方法」と徹底されています。

目次

第1章 儲かる仕組みをつくれ
第2章 ネット広告の「クリック率」を上げる方法
第3章 「コンバージョン率」を飛躍的に上げる方法
第4章 「アップセル率」を最高に上げる方法
第5章 ネットで「クチコミ(友達紹介)率」を劇的に上げる方法
第6章 100%確実に「レスポンス率」を上げ続ける方法
第7章 「引上率・リピート率」を驚異的に上げる方法
第8章 大成功する広告代理店とのつき合い方22か条

 私がオススメするこの本の読みかたは、「第1章を心と頭に刻み、第2章~第7章は実務をしながら辞書的に使い、第8章はレオさん節を楽しめ」というものです。

 大胆に言えば、第2章~第7章は、クリエイティブのハウツーです。ネットの連載やセミナーでも出し惜しみなく公開している、「ボタンは緑に」「モデルより商品」「メルマガはやめなさい」「A/Bテストを繰り返し、選抜組で最終クリエイティブを作れ」といったノウハウ。これが教科書的に、紙の本1冊にまとまっているというのは、それだけでとても便利です。デスクの上に常備しましょう。

 でも、それよりさらに読み込んでいただきたいのは、第1章「儲かる仕組みを作れ」です。LTVやROASというマーケティング用語が用いられていますが、翻訳すると、「一度の広告でできるだけ多く集客、購入してもらう。この焼き畑農業を繰り返す」という考えかたから、「お客様との関係を維持し、継続的に買っていただく頭に切り替えろ」という意味のことが書かれています(私はそう読みました)。

 EC関係者の方に、リピートの重要性はいまさら説くまでもありませんが、それは1つひとつの商品の物販に限らず、ビジネス、そして会社そのものがそうあるべき、という時代になっているのではないでしょうか。精神的、美学的な「お客様を大切に」ではなく、そうしないと儲からない時代になったのだと思います(商売とは元々そういうものだ、という議論はおいて)。

 第8章が「大成功する広告代理店とのつき合い方22か条」となっており、これまで焼き畑農業式ビジネスを繰り返してきたことが、多少なりとも広告代理店に責任がある、と読める部分もなきにしもあらずですが、それは発注側を含め、ポジション・役割問わず、関係したビジネスマンも反省すべき点でしょう。

 とくにEC関係者は、「ボタンは緑に」「A/Bテストを繰り返せ」といったノウハウをネットの記事で読んだことがあるからと言って、本書の購入をためらうことなかれ。大事な根本を問い直す機会を逃してしまいます。

 それに加えて、惜しみなく出してくださっているこうしたクリエイティブのノウハウ、どこまで徹底して、自社のサイトに反映できているかも、胸に手を当てて問い直してみるのもいいのではないでしょうか。

 多くのサイトが、実行には移せていないはずです(自戒も込めて)。だって、入力フォームでエラーが出たけど、どこを修正すればいいかわからないECサイト、今でもいっぱいありますもんね。

●1,000いいね!超の人気記事「売れるネット広告社が実践している「縦長LP」の構造 4つのエッセンスと7段階アプローチ」
●Amazonで書籍を買うならこちら。書籍『100%確実に売上がアップする最強の仕組み
  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ネット広告の費用対効果を最大化する “最強の売れるノウハウ”大公開!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集長 倭田 須美恵(ワダ スミエ)

2013年11月11日、ECzine立ち上げ。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/1850 2017/11/07 16:32

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング