SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

金子洋平のおしゃれEC通信

これからInstagramを始めるECサイト向け おさえておきたい5つのポイント


エクシーズのファッションECコンサルタントの金子さんが、ECとファッションを掛けあわせた記事を書いていきます。

「Instagram」これからECサイトが使うなら

 2014年12月に、月間アクティブユーザーが3億人を超えた写真SNS「Instagram(インスタグラム)」。読者の皆さんは、活用されているでしょうか。

 FacebookやTwitterに比べ、エンゲージメント率(ユーザーが積極的な反応を示した割合)が高いことでも非常に注目されています。これまでなかった広告メニューもついに開始されるとのことで、企業利用もさらに加速していきそうです。

 今回は、これから利用するECサイト向けに、おさえておきたいポイントを5つ、ピックアップしました。

1.企業・お店で利用するなら、メールアドレスで

 Instagramには個人・法人の区別がないため、Instagramのサイトから登録すれば利用可能です。申し込みをする際は、個人と区別するためにFacebookアカウントからではなく、メールアドレスで登録しましょう。

2.国内ランキングをチェック

 ユーザーローカルが、Instagramのアカウントランキングを提供しており、国内ユーザー、海外ユーザー、国内企業の上位をチェックすることができます。

 国内企業ランキングを見ると、400位〜500位ではまだ数百フォロー台とまだまだチャンスがありそうな数値です。他社がどのような写真をアップしているのか、ユーザーがどのようなコメントをしているのか、調べてみましょう。

 またこのランキングを見てもMOUSSY、VOGUE、EMODA、SLYとファッション系が上位にあり、ブランディングが重要なファッション・アパレル系と親和性が高いことが伺えます。フォロー数が多い、つまりファッションなどの情報感度が高いユーザーが多いということも言えると思います。

3.写真でストーリーを伝える

 Instagramは徹底的に写真です。写真でストーリーを伝えます。そして量より質が重要です。たくさん投稿すれば良いということもありません。

https://instagram.com/wtaps_dailypics/

 アパレルブランド「WTAPS」のアカウントです。同じアングルでの上半身のコーディネートを見ることが出来ます。アカウント名もdailypicsとなっており、お店に行かなくても今日の着こなしが見られることが伝わり、毎日の更新が楽しみになりそうです。

https://instagram.com/paddlers_coffee/

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
4.ハッシュタグを活用する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
金子洋平のおしゃれEC通信連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社ヤプリ 執行役員CCO 兼 エバンジェリスト 金子洋平(カネコ ヨウヘイ)

大学卒業後、GMOインターネットでマーケティング、営業、新規事業立ち上げを経験。24歳で「ファッション×インターネット」をテーマに起業、ファッションメディア、ファッションECを11年運営した。2016年よりアプリプラットフォーム「Yappli」の株式会社ヤプリに参画。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/1840 2015/10/28 16:30

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング