SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス

アパレルから重機業界へ転身 BtoBの顧客交流で得た発見と今後の展望をトクワールド不破さんが語る

 業種業態問わず、EC人材を欲する企業・ブランドが多く存在する昨今。しかし転職を希望する側から見れば、BtoB・BtoCといった対象顧客の違いや扱う商材を変えても自分のスキルを活かせるのか、と不安に感じることもあるはずだ。今回はBtoCからBtoB、かつアパレルから重機業界へと新たな環境に身を置いてキャリア構築に挑む株式会社トクワールドの不破裕介さんに、転職の経緯や働き始めて得た発見、現在進行系で取り組んでいる施策などについて話を聞いた。

「外の世界を見てみよう」 コロナ禍が転職のきっかけに

 印刷・広告業界からキャリアをスタートし、知人が立ち上げたアパレルベンチャー2社で創業メンバーとして働いてきた不破さん。20年ほど、TシャツのグラフィックデザインやECサイトのデザイン、構築、企画運営をほぼひとりで担当してきたが、コロナ禍で置かれる環境は一変したと言う。

「2020年以降、新型コロナウイルス感染症の拡大による影響で海外との取引が困難になり、国内工場の廃業も続きました。従来どおりのものづくりが難しくなる中で、ほかのメーカーから商品を仕入れてEC販売をするなど企業としてはさまざまな策を講じていたのですが、オリジナル商品を作れることに楽しさを感じていた私は、次第に『これは思い切って外の世界に出てみるチャンスかも』と思うようになったのです。そこで、転職活動を始めることにしました」

株式会社トクワールド マーケティング推進部 部長 不破裕介さん

 転職サイトに登録し、スカウトメールを受け取り面接をする形の転職活動は、生まれて初めての経験であった不破さん。「トクワールドとの出会いもスカウトメールがきっかけ」とのことだが、最終的な決め手はどのようなものだったのだろうか。

「ずっとアパレルEC一本でやってきましたので、転職するのであれば今までに経験したことのない業界に身を置き、新たなスキルを身につけたいと考えていました。重機は単価も高いですし、在庫の持ちかたから顧客へのアプローチまでアパレルと異なる要素がたくさん存在します。単純に『おもしろそう』と感じ、さまざまなスカウトの中でもほぼ即決状態でトクワールドへの入社を決めました。

 転職時には、『インハウスで主体的に事業に携われるかどうか』を重視するポイントのひとつとしていました。トクワールドは、ちょうどデジタルマーケティングを強化するためにシステム管理部をマーケティング推進部にリニューアルした直後で管理職ポジションの人材を求めていたのです。タイミングが良かったなとも思いますね」

 社長自身がITやデジタルに関心を持ち、不破さんの入社前からすでに自社ECの立ち上げ、ウェブ中心での問い合わせ対応、各種SNSでの訴求などに取り組んでいたトクワールド。そのため、「入社後すぐにデータに基づいた適切なマーケティング施策検討を実現できた」と不破さんは振り返る。

「たとえば、2022年8月より当社は新たに地上波テレビCMの放映を開始していますが、最初は本社が位置する愛知県にはほとんど出稿せず、北海道や沖縄県、新潟県、石川県などエリアを絞っていました。こうしたエリア選定も、顧客データに基づいて行っています。

 これは私も入社後に知ったのですが、豪雪地帯は除雪剤の影響で重機が錆びやすく、劣化のスピードが早いそうです。同様に沖縄県は潮風や台風によって錆の影響を受けますし、そもそも良質な中古重機を確保することが市場環境的に難しく、本州の企業から機械を調達することが多くなっています。このように顧客のいる場所、需要をデータによってあらかじめ可視化できていたため、エリアだけでなく訴求も『錆びも安心』と塗装やメンテナンス内容に絞り、出稿できました」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
新鮮に感じたコンバージョン指標の差 「価格:ご相談」には理由がある

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

ECに関する情報を、さまざまな切り口からお届けできればと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11880 2022/11/01 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング