SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス

ブランド作りのきっかけは「欲しい服が見つからないから」 骨スト女性向けD2C「Réonie」の挑戦

 「自分に似合う服を身につけたい」という願望は、誰しもが少なからず持つものではないだろうか。近年は、骨格・肌の色に合う服やメイクを提案する「骨格診断」「パーソナルカラー診断」のブームが到来するなど、自己理解を深める手段も増えている。そんな中、2021年に骨格ストレートの女性に似合う服を提案すべく立ち上げられたのが、D2Cアパレルブランドの「Réonie」だ。ブランドが生まれた経緯から、顧客にブランドを認知してもらうために行った取り組み、現在進行形で取り組む熱狂的なコミュニティーの創出について、ブランドマネージャーの中田さんに話を聞いた。

さっしーのツイートがきっかけで、ブランド支援側から運営側へ転身

 新卒であるECモール運営企業に入社し、複数のアパレルブランドの販促プランニングやプロモーション、SNS運用、ウェブマガジンの立ち上げに携わってきた中田さん。支援する中で、ブランド側にマーケティングの知識が不足していることによるモールでの売上アップと知名度、ブランド力向上を両立させる難しさに直面したと言う。

「もちろんモール出店することにより商品が多くの方の目に触れる可能性は上がりますし、EC売上アップにもつながります。しかし、すでにブランド名が広く知れ渡っている場合を除いて、モール内で指名買いやリピート購入を促すことはなかなか難しく、結果的にセールやクーポン発行などといった割引訴求や価格競争に巻き込まれ、疲弊してしまうケースをたびたび目撃してきました。

 たしかに多チャネル展開もEC戦略としては欠かせませんし、ECモールで露出を増やしてあるアイテムが爆発的に売れ、ランキング上位を獲得できれば売上は大幅にアップします。しかし、価格など商品そのものの良さではないポイントで一時的に支持を獲得しても、ブランド名の認知やリピートにはなかなかつながりません。利益率や運営にかかる工数、ブランドとして長く生き残るためにすべきことを考えた際に、SNSなどで顧客と交流を図りながら自社ECで指名購入してもらえるブランド力を身につけ、きちんと一定の売上を作る基盤を整えることが第一であると考えました。こうした基本ができた上で、売上につながるプロモーション要素としてECモールを活用するのが理想だと私は思っています」

3rd株式会社 Réonieブランドマネージャー 中田小百合さん

 前出した考えを基に、ブランドの価値向上を支援すべく3rd株式会社に転職した中田さん。あくまで支援側の立場でキャリアを築くことを想定していたが、あるツイートをきっかけに人生が思わぬ方向に動き始めたと言う。

「2019年にタレントの指原莉乃さんのツイートを見て、イメージコンサルタントのRANさんの存在を知りました。『骨格診断っておもしろそう。私も自分に似合う服を知りたい』と思い診断予約をしようとしたところ、4ヵ月先まで予約が埋まっていて驚いたのですが、診断後に自分の骨格がわかってもECではなかなか適した服にたどり着くことができず、モヤモヤした気持ちを抱いたのです。

 検索で上位に上がっているサイトはメディアばかりで直接購入することができず、モールや自社ECを見ても素材感まではなかなかわかりません。せっかく自分に似合う服を把握しても、ECで服を購入する派の私は『探すのが面倒だな』と思ってしまいました。そこで『骨格別に似合う服を提案してくれるブランドがあれば買いやすいのに……』とアイディアを形にして社内提案したところ、『自分でブランドを作ってみたら?』となり、Réonieが始動しました」

Réonie立ち上げのきっかけとなった指原莉乃さんのツイート

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
いわば顧客がMD担当に ピンポイントで欲しい商品、情報が手に入るEC・SNSを目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

ECに関する情報を、さまざまな切り口からお届けできればと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11621 2022/08/23 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング