SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス

うまくやる秘訣は身構えないこと BÉLAIR LAB星さんが語る挑戦の原動力と香りで実現したいこと

 2019年5月にロート製薬株式会社内の新規事業としてスタートした、「香り」の新価値を追求、発信するオープンイノベーションラボ「BÉLAIR LAB(ベレアラボ)」。自社ECとAmazonを活用してオリジナル商品の販売を始めながら、2020年以降はポップアップイベント「香りのアート展」を各所で開催したり、体験型店舗「b8ta」へ出品したりと顧客接点を増強している。同ブランドが香りを使って実現したいことやEC上で五感を伝えるための工夫、新規事業を推進する上で経営者・社員が持つべき心構えを代表の星さんに聞いた。

香りに救われた 自身の経験から新規事業展開すべくロート製薬へ

 「ロート製薬でフレグランス?」――BÉLAIR LABというブランドを立ち上げ、さまざまな場所で顧客と触れ合うたびにこの言葉をよく耳にすると星さんは語る。「製薬」という単語が社名に出てくることや、私たちの日々の生活で目にする商品の印象が強いため、同社に対して医薬品やアイケア、スキンケア商品を販売する企業であるととらえている人も多いだろう。しかし同社は、実は食事業を展開したり未病の改善に目を向けたりと、人々が「薬に頼らない世界」を目指す企業であり、星さんはその点に共感して新規事業に取り組むべく、2018年に入社したと言う。

「私自身、人生のさまざまなタイミングで『香りに救われたな』と感じており、ポテンシャルがありながらも、日本ではまだあまり活用されていないことを不思議に思っていました。アロマセラピーに興味や関心を持つ方はその効能を理解されているかもしれませんが、生活の中に香りがあることの重要性に気づいていない方、香りを使うことでメンタルヘルスを良い状態に保つことができると理解されていない方には、なかなか発見を与えるきっかけがないのも事実です。そこで嗜好品とは異なる角度からそれらを提案すべく、世界のトップ調香師による専門的な調香と、香りの研究を行うラボとしてBÉLAIR LABを立ち上げました」

ロート製薬株式会社 BÉLAIR LAB(ベレアラボ) 代表 星亜香里さん

 星さんは「薬と香りは、古くから同じものとして扱われていた歴史がある」と続ける。ロート製薬創業の地・奈良県にある正倉院には、宝物としてさまざまな薬やそれにまつわる巻物が奉納されており、そのようなルーツを踏まえながら「ロート製薬で香りの研究をするのが最適であり、おもしろいことができるに違いない」と感じたそうだ。

 そんな星さんが香りに興味を持ったのは、出身地である福島県・会津地方の山に生える木から精油を作る人たちとの出会いにあったと言う。

「その木は、木であるにもかかわらず花のような良い香りがしたのです。そこから日本のさまざまな土地の木や葉の香りを嗅いでみましたが、日本に多く輸入されている西洋のフレグランスとは異なる『和の香り』とも言えるもので非常に興味を持ちました。最初はこうした精油を使って身近な人にハンドマッサージをするなど、独学でセラピーのようなことをしていたのですが、『新鮮な香りだけど癒やされる』といった声をもらい、日本独自の香りをもっと追求できるのではないかと考えたのです。そこから動き始め、調香師の方と関係構築をしたり、自身が当時電機メーカーに勤めていたこともあり、『香りとデバイスをセットで販売できないか』と考えたりして、事業としてのBÉLAIR LABの構想が膨らんでいきました」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
磨き込みを自らの手でやりたいからShopify活用 顧客の声から生まれた商品も

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

ECに関する情報を、さまざまな切り口からお届けできればと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/10868 2022/02/10 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング