SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

失敗しないモールの選びかた

商品数と画像容量がポイント!「楽天市場」出店プランの選びかた


数あるモールの中から自分に最適なものを選ぶ方法を伝授します。今回は「楽天市場」を掘り下げます。

やっぱり最初は「楽天市場」!? 

 これからネットショップを始める人や、すでに本店サイトはあるものの、さらなる売上を求めてモールを検討する人にとって、一番の候補となるのが「楽天市場」だと思います。

 今年は、プロ野球チームの「楽天ゴールデンイーグルス」も日本一になり、誰もが知るところとなった「楽天市場」。第1回目のコラムでも記載した通り、オンラインショッピングモールの売上も日本一ですから、最初の出店先として検討するのは自然といえるでしょう。

 筆者はモール出店者をメインにサポートしているため、すべてのクライアントが「楽天市場」に出店しています。そのうち95%は、本店より楽天店が売れているというのが現状です。「楽天市場」というマーケットが、ネットショップとして売上を作る上でいかに重要か、おわかりいただけると思います。

 では、誰でも「楽天市場」に出店すれば、売れるようになるのでしょうか。

 「楽天市場」は仮想ショッピングモールですから、物理的な敷地面積などの制約がないため、毎年出店数は伸びています。しかし、思ったように売上を伸ばせず、数年以内に退店しているお店も多いのが現状です。

 今回のコラムでは、これから「楽天市場」へ出店する人が、最初に決めなければならない出店プランについて、失敗しない選び方をお伝えしたいと思います。

「楽天市場」の現状

 まず、「楽天市場」について調べてみましょう。「楽天市場契約企業数」によると、2013年11月5日現在、40,789ショップが契約、商品数が150,988,587点と記載されています。平均すると1ショップあたり、約3,700商品を登録していることになります。

 楽天株式会社の2013年度第3四半期の決算説明会資料には、「楽天市場」以外のサービスを含む国内EC流通総額が4,224億円と発表されており、仮に9割の3,800億円が第3四半期の「楽天市場」全体の流通額と考えた場合、単純に3ヶ月で割ると月1,267億円、40,789ショップ数で割ると、1ショップ数あたりの月商が310万円程度と考えることができます。

 本店サイトを立ち上げても300万円を売るのは非常に大変ですから、プロ野球やクレジットカード、銀行など楽天ブランドによる「楽天市場」の集客力は日本一だといえるでしょう。

 1997年のサービス開始当初は、月額5万円の出店料のみでネットショップが始められ、まさに「ネット上の商店街」というイメージでした。2002年になると、売上に応じた従量課金を導入した新料金体系が始まり、今は次の4つのプランが存在します。

プラン名 月額(税別) 契約期間 システム利用料 商品数 画像容量
がんばれプラン 19,500円 1年 6.5~3.5% 5,000 500MB
ライトプラン 39,800円 3ヶ月 5~3.5% 5,000 500MB
スタンダードプラン 50,000円 1年 4~2% 20,000 2GB
メガショッププラン 100,000円 1年 4~2% 無制限 無制限

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
商品数だけで決めてはいけない!プランの選びかた

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
失敗しないモールの選びかた連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

日本ECサービス株式会社 代表取締役 ECマーケター 清水 将平(シミズ ショウヘイ)

日本ECサービス株式会社 代表取締役、ECマーケター。JECCICAジャパンEコマースコンサルタント協会 特別講師。 1975年生まれ。関西大学商学部卒業後、株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)にてサポート部門の責任者を務め、各専門誌でサポート満足度No.1を獲得。1年間のカナダに滞在し、...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/106 2014/11/19 18:11

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング