記事種別

ショートムービー激戦 企業が使いこなすヒント

定点観測04 SNS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。アライドアーキテクツの藤田さんに、SNSについて聞きました。※本記事は、2018年12月25日刊行の『季刊ECzine vol.07』に掲載したものです。

TikTokに運用型広告登場 世界観に合う広告とは

 11月12日に Facebookが、ショートムービーアプリ「Lasso」をリリース。取材時点ではまだ日本では利用できないが、「TikTok」を意識したものであることは間違いなさそうだ。

 「表面的な機能は同じかもしれませんが、裏側のネットワークやビジョンは、FacebookやInstagramでの成功体験を詰め込み、まったく別のものになると期待しています」と藤田さんは言う。

 Facebookが後追いする存在となったTikTokは、運用型広告のサービスを開始した。

 「すでに何件か出稿している企業があるようで、『おすすめ』フィードにPRタグがついた広告動画が流れてきました。それに対するコメントが『こんなところに広告入れないで』といった、厳しいものが多いのが印象的でした。TikTokの世界観にうまくマッチしている広告を、模索している段階だと思います。ECで活用されるには時間がかかるかなと見ていますが、今10代に非常に人気のあるアプリなので、今のうちに『おすすめ』から流れてくるものだけでも見ておいていただきたいと思います」

 Twitterでも、一度サービスを終了した動画投稿サービス「Vine」を、「Byte」として復活させるというトピックスが出てきた。ショートムービーのブームは、まだまだ続きそうだ。

この記事は、紙の定期購読誌『季刊ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:季刊ECzine vol.07 定点観測

もっと読む

2014年09月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5