SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.06 定点観測

今こそTwitter デジタルの向こうの「人」への意識を

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。アライドアーキテクツの藤田さんに、SNSについて聞きました。※本記事は、2018年9月25日刊行の『季刊ECzine vol.06』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

偽アカ大量停止など Twitterが信頼獲得へ

 これまで、FacebookとInstagramを中心に話してもらったが、今回はTwitterを最初に取り上げる。藤田さんは「Twitterが再評価されている」と言う。

 まず、Twitterの企業としての状況だが、2月に発表した第4四半期決算で上場後初の黒字となっている。ユニークユーザー数は微増であるものの、広告収入が前年同期比で34%増。そのうち、日本が15%を占めているのが注目ポイントだ。ユーザーの利用状況を見ても、月ひとつくらいは何かしらトレンドが生まれ、大喜利的なハッシュタグで盛り上がっている。

「EC事業者のTwitter利用がいまいち進まないのは、運用に手数がかかるから。そのリソースを調達できれば、今、いちばんおもしろいSNSではないかと思います。4号でもお伝えしましたが、EC事業者の方はカスタマーサポートが上手です。そこで行っている1対1のコミュニケーションを、Twitter上で1対nのコミュニケーションとして広げていくという考えかただと、運用がやりやすくなるのではないでしょうか」

 Twitterは5月末に規約改定を行い、8月までに大きなルールチェンジがあった。とくにおさえておきたい3つを紹介してもらった。まずはユーザーの年齢制限だ。

「13歳未満は利用できなくなっています。企業アカウントの注意点は、設立記念日やサービスインの日を誕生日に設定していると、13歳未満とカウントされる場合があること。LINE公式アカウントが2011年に設定していたため、一時凍結されて話題になりました」

 次にスパム対策の一環として、アカウント作成時にメールアドレスか電話番号を利用した認証を行っていること。この認証を行わないと、仮アカウントのような扱いになる。

「目的はスパムアカウント作成の防止でしょうが、個人ユーザーにとっても手間が増えたことは変わりません。用途にあわせてアカウントを作る『複アカ』など、Twi tter独特の文化に影響が出るのではと考えています。しかし、7月の偽アカウント大量停止にも象徴されるように、信頼できるプラットフォームになることをより重要視しているのでしょう」

 最後に、API使用条件の制限がある。あまりに厳格化され、APIを利用してツールを提供していたサードパーティの中には、サービス継続を断念するところも出てきていると言う。

 Twitterが公式に提供していた、タイムラインを制限なく取得できる「User Streams API」を8月16日(現地時間)に停止。REST APIを利用すればタイムラインの取得は可能だが、回数が制限されてしまう。新たに発表された「Account Activity API」が提供されるが、タイムラインの取得は行えず、アカウントの数ごと従量課金制の有料サービスとなる。

 8月に起きた「Buhitter(ぶひったー)」というサービスの炎上は、企業としてもぜひおさえておきたいポイントがある。Buhitterは、人工知能がTwitter上で人気のあるイラストをまとめるサービスだが、イラストを描いた作者たちから「無断転載」だとの声が寄せられ、掲載停止依頼が殺到したと言う。

「BuhitterはTwitterが公式に提供しているAPIを使って、公式に引用・埋め込んでいます。ユーザーは自分の投稿が引用されることに、同意しなければTwitterを利用できません。つまり利用規約に則っているのですが、それはベンダー側のロジックに過ぎず、ユーザーの心証を理解していないということなんでしょう」

 ユーザーの投稿をマーケティングに利用するUGCはひとつの手法として確立されているが、SNSユーザーの裾野が広がるほど、そういった活動への反響もさまざまになることが予想される。

「デジタルの仕組みの向こうに人がいるということを、ますます考えていくべきだと思います」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に
掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。
季刊『ECzine』定期購読はこちら 記事単体購入プランはこちら 記事読み放題プランはこちら

次のページ
フィードは見ていない? ストーリーを使いこなせ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.06 定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/5996 2019/09/13 11:46

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング