SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.03 特集「新しいコマースサービスが変えようとしていること」

ビジネスを作るクラウドファンディング 応援したい×物欲で新しい買いたい気持ちを生む

 ガジェットや伝統工芸を活かした小物など、「商品」が次々と世に送り出されるクラウドファンディング「Makuake(マクアケ)」。EC黎明期を彷彿とさせる新しいサービスから、今の消費者の「買いたい気持ち」が見えてきた。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

 クラウドファンディングサービスは日本にもいくつかあるが、アニメ映画『この世界の片隅に』を生み出したことで、クラウドファンディングそのものを、広く知らしめる役割を果たしたのが「Makuake」だ。2013年5月に、株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディングとして設立し、2017年10月にサービス名と同じ、株式会社マクアケに社名変更している。立ち上がったプロジェクトはすでに3,000を超える。

 Makuakeでいくつかプロジェクトを見ると、思い描いていたクラウドファンディングのイメージと違うなと感じる人も少なくないだろう。ガジェットや伝統工芸を活かした小物、日本酒やこだわりの野菜など、ECサイトで販売しているものと比較しても遜色ない「商品」が並んでいるのだ。その感想を伝えると、「サービス開始当初から新しい“ビジネス”が生まれる場にしたかった」と答えてくれたのが、創業メンバーにして取締役の坊垣佳奈さんだ。

Makuakeの商品はなぜ欲しくなるのか
「応援したい」という新しい物欲

株式会社マクアケ 取締役/ Director 坊垣佳奈さん
株式会社マクアケ 取締役/ Director 坊垣佳奈さん

 魅力的なプロジェクトが次々とアップされ、新たなビジネスが生まれる場になっているクラウドファンディングサービス「Makuake」。

 「私は、クラウドファンディングの定義は広いと考えています。日本においては、個人の活動支援や社会貢献活動支援が目的のプロジェクトが強いのですが、世界的に見るとその傾向は特殊で、ビジネスやコンテンツが生まれるきっかけの場として、主に活用されています。Makuakeは当初から、後者を目指そうと考えました。理由は、日本はモノづくり、アニメやマンガなどのコンテンツが強いからです。メーカー企業やクリエイターなら、こういう仕組みを使わない手はないですよね。その領域を担うサービスが見当たらなかったため、私たちが始めたというわけです」

 もちろんMakuakeにも個人や社会貢献活動支援のプロジェクトはあるが、サイトを見ていると、小売事業者が取り扱いたくなるような魅力的な商品が多数並んでいる。

 「個人活動を応援する場合は、『人』に魅力を感じての支援が多いと思います。Makuakeの傾向として特徴的なのは、支援者の関心となる対象が『モノ』に向かうという動きがあります。『この商品が欲しいから支援する』という物欲になぞらえた形になっている。私たちも、そこをかなり意識してサイトを設計しているし、それぞれのページも作っています。そういう意味では、Eコマースに近いのかもしれませんね」

 EC黎明期は、特殊でも一部のユーザーから圧倒的な支持を得ている商品の販売が、ネットだからビジネスになるという要素が強かった。Makuakeのプロジェクトが実際に商品になっていく盛り上がりは、その頃のECへの熱狂を彷彿とさせる。

 「これはあくまで私の考察でしかないのですが、情報が増え、Eコマースも増え、何をどこから買ったらいいのかわからなくなっている消費者が多いのではないでしょうか。プラスアルファで、モノを買う理由が必要になっている。Makuakeのプロジェクトが持つ、『今世の中にない、新しいものを支援することで一緒に作る』という要素は、その理由になるのだと思います。『モノが欲しい』プラス『応援したい』。これが新しいですよね。モノが届くことが前提なので100%寄付ではないけれど、でも、まだ出来上がっていない、クチコミもない、実際に届くのは少し先と、リスクがないわけじゃない。応援の気持ちがなければできないことでもある。そういう、これまでになかった感情が後押ししているということはあると思います」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
Makuakeは売れる可能性を数字で示す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.03 特集「新しいコマースサービスが変えようとしていること」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/5286 2019/09/11 17:07

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング