記事種別

規模問わず増えるチャージバック被害 不正検知サービスの採用から

定点観測 決済
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 2017年3月に刊行した『売れるECサイトのすごい仕掛け』で各分野における2016年の動向を総括した専門家には、2017年のスタートはどのように見えたのか。定点観測を行うことで、EC業界の全体像が見えてくる(※本記事は、2017年6月25日刊行の『季刊ECzine 2017年夏号』に掲載したものです)。

ZOZOTOWNのツケ払い
後払いサービス自体に問題はない

 まずは、大きな注目を集めたZOZOTOWNの「ツケ払い」について。前回の取材でも、池谷さんは「未払いが心配だ」と警鐘を鳴らしていた。

 ツケ払いの裏側を見れば、後払い決済サービスを採用しているにすぎない。後払いとは、商品が届いた後、後払いサービス提供会社から消費者に請求書が届き、消費者は銀行やコンビニ等で支払う仕組み。クレジットカードを持たない、利用したくない、商品を確認してから支払いたいなどのニーズに応え、EC事業者側の採用、消費者の利用も伸びている。

 後払いサービス提供会社は、事前に消費者の与信を行い、その後、代金の回収を行う。EC事業者には料金未回収のリスクがないのが特徴だが、これはクレジットカードと同様だ。ちなみにZOZOTOWNは、決済代行会社GMOペイメントサービスが提供する「GMO後払い」を導入している。池谷さんが前回の取材で心配していたのも、ZOZOTOWNではなく、決済サービスを提供するGMOペイメントサービス側のことである。

 「ツケ払いを批判するニュースを読んでも、実際にどれだけ未払いが起きているかの具体的な数値は出てきません。後払い自体は、利便性の高いサービスですから、そこを誤解されるような報道は残念だと思います」

 ZOZOTOWNは、当初から限度額5万4,000円(税込)を設け、未成年保護者の同意を得ることを進め、加えてチェックボックスを設置するなどの対策も検討している。

この続きは、紙の雑誌『季刊ECzine』のご購読者様のみ閲覧いただけます。
ご購読者様は、ログイン後すぐにウェブ上でこの続きを閲覧いただけます。

『季刊ECzine』とは

6月、9月、12月、3月と年に4回お届けする定期購読誌です。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。

  • プレミアム記事が読み放題
  • 読者限定イベントにご招待
  • ECzine Academy 20%オフ

季刊『ECzine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:季刊ECzine vol.01 定点観測

もっと読む

2015年02月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5