SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

消費者がコーヒーの原産地と品質を追跡できるプラットフォームThankMyFarmer、日本で提供開始

 スイスのfarmer connect SAは、 消費者がコーヒーの原産地と品質を追跡できるプラットフォーム「ThankMyFarmer」を日本で提供開始した。

ThankMyFarmer画面

 ThankMyFarmerは、消費者がコーヒーやカカオ製品のパッケージについているQRコードを読み取ることで原産地と品質のトレーサビリティを可能にするプラットフォーム。消費者は生産者情報を知ることができ、産地のサステナビリティと地域の繁栄を支援するプログラムを通じて支援金を寄付することで、現地の生産者コミュニティと関わる機会が得られる。これらは安全な技術環境で行われ、消費者は支援金が目的の場所へ届いたことを確認することができる。

  このたびThankMyFarmerでは、日本のコーヒー愛好家の好みを徹底的に調査し、日本市場に合わせた次の3つの新機能を追加した。

  • コーヒー豆とその原産地に関する情報を提供することで、コーヒーの味の特徴をより詳しく知ることができる。それらの情報をもとに、ユーザー企業は自社製品の味の特徴を紹介することができ、消費者は自分の好みに合った製品を見つけることが可能に。
  • 消費者が業界や地域市場の専門家によるコーヒーのレビューを読むことで、自分のコーヒーを熟考して選ぶことができる。ユーザー企業は、バリスタやインフルエンサー、生産者など外部からの味のレビューを追加し、プラットフォームへの訪問者が閲覧・共有することが可能に。
  • 新しいコーヒーの豆知識クイズ、ゲーム大会、プロモーションなど、新たな楽しめる方法でコーヒーとの関わりを深めることができる。

 ThankMyFarmerを日本で最初に採用したのは、「PHILOCOFFEA(フィロコフィア)」。世界的に有名なワールドブリューワーズカップでアジア人初の世界チャンピオンとなった粕谷哲氏によって設立・運営されているPHILOCOFFEAは、「自分の飲んでいるコーヒーについてもっと知りたい」「今後の購入に役立つ情報をもっと得たい」という顧客の要望に応えるためにThankMyFarmerを取り入れた。  

  PHILOCOFFEAの創業者である粕谷哲氏は次のようにコメントしている。

 「PHILOCOFFEAでは、最高の豆を調達し、それぞれのコーヒーの種類に適した焙煎や淹れ方を徹底することで、忘れられないコーヒー体験を提供しています。私たちのコーヒーには個性がありますが、コーヒーを飲む人にも個性があります。人々がコーヒーにもっと興味を持てるようにすることで、正しい買い方ができるようになり、コーヒーをさらに楽しむことができるようになります。farmer connect®のThankMyFarmer™プラットフォームと連携することで、顧客のコーヒーとの関わりが変わり、顧客の嗜好をより深く理解することができるようになります。これは、私たちの業界を進化させる大きな一歩です」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/9839 2021/10/02 09:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング