SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

eKYC利用経験は2割 未利用者の懸念は「データの扱い」「顔写真送信に抵抗」/MMD研究所調査

 MMD研究所は、eKYC・本人確認サービスとデジタル身分証を提供するTRUSTDOCKと共同で、20歳~69歳の男女10,000人を対象に2021年9月1日のデジタル庁発足を見据えて「オンライン本人確認(eKYC)に関する利用動向調査」を実施した。同調査結果の詳細は、次のとおり。

非対面での本人確認経験は59.3% 確認方法は「身分証明書写真を送信」58.6%、「郵送」38.3%

 回答者全体を対象に、本人確認をした経験があるか聞いたところ、「本人確認の経験がある」と回答した人は80.6%となった。

 本人確認の経験者8,059人を対象に、経験のある本人確認手続きの手段を複数回答で聞いたところ、「対面での手続き」が78.0%、「非対面での手続き」が59.3%、「覚えていない」が5.2%だった。

 次に、非対面での本人確認手続きの経験がある4,780人を対象に、非対面での本人確認手続き時に利用したことのある手段を複数回答で聞いたところ、「ネットで身分証明書の写真を送信」がもっとも多く58.6%、次いで「郵送」が38.3%、「ネットで顔写真を撮影して送信」が35.1%となった。

 続いて、対面での本人確認手続きの経験がある6,285人を対象に、対面での本人確認手続きで困ったことはあるか聞いたところ、「困ったことがある」が61.6%、「困ったことがない」が38.4%。

 困ったことがあると回答した3,870人を対象に、対面での本人確認手続きの際に困ったことの内容を複数回答で聞いたところ、「必要書類を用意するのが面倒」がもっとも多く61.7%、「わざわざ窓口や店舗に移動することが面倒」が41.5%、「窓口や店舗で対応までの待ち時間がかかる」が38.0%だった。

eKYC(オンライン本人確認)の利用経験は21.0%、eKYCを知らない人は67.6%

 回答者全体を対象に、eKYC(オンライン本人確認 ※以下eKYC)の認知・利用状況を聞いたところ、「利用したことがある」が21.0%、「利用しようと思ったことがある(利用したことはない)」が2.2%、「内容は知っているが、利用したことはない」が4.0%、「名称は知っているが、どんな内容なのか知らない」が5.3%、「全く知らない」が67.6%となった。

 年代別に見ると、「利用したことがある」は30代(n=1,835)がもっとも多く26.0%、次いで20代(n=1,620)が23.8%、40代(n=2,375)が20.9%となった。

eKYC未利用者のeKYCを利用したいと思う理由は手続きの効率化

 eKYC未利用者の7,897人のうち、eKYCを利用したいと思うと回答した1,016人を対象に、eKYCを利用したいと思う理由を複数回答で聞いたところ、「手続きが時短になるから」がもっとも多く48.0%、次いで「手続きが簡単そうだから」が45.3%、「手続きの時間を選ばないから」が38.0%となった。

eKYC未利用者の62.9%はオンライン手続きに懸念や不便なイメージ

 eKYC未利用者の7,897人を対象に、eKYCについて懸念や不便なイメージがあるか聞いたところ、「ある」と回答した人は62.9%だった。

 次に、eKYCについて懸念や不便なイメージがあると回答した4,965人を対象に、その理由を複数回答で聞いたところ、「提供先の写真などのデータの保管や活用が不安・心配」がもっとも多く46.6%、次いで「顔写真を送りたくない」が41.0%、「写真データを送ることなどめんどくさく感じる」が33.2%となった。

「デジタル庁」の認知66.0% 行政手続きのオンライン化で求めることのトップは「法律やガイドラインの整備」

 回答者全体を対象に、2021年9月1日にデジタル庁が発足することを知っているか聞いたところ、「デジタル庁の存在、発足時期、大まかな取り組み内容について知っている」が9.7%、「デジタル庁の存在、発足時期は知っていたが取り組み内容までは知らない」が23.0%、「デジタル庁の存在を聞いたことはあるが、発足時期や取り組み内容は知らない」が33.3%、「全く知らない」が34.0%となった。「デジタル庁の存在、発足時期、大まかな取り組み内容について知っている」と「デジタル庁の存在、発足時期は知っていたが取り組み内容までは知らない」、「デジタル庁の存在を聞いたことはあるが、発足時期や取り組み内容は知らない」を合わせて、デジタル庁の認知は66.0%であることがわかった。

 続いて、行政手続きのオンライン化が進んだときの行政手続きに関する要望を複数回答で聞いたところ、「個人情報やセキュリティの法律、ガイドラインが整備されること」がもっとも多く37.0%、次いで「悪質業者の公開や指導が強化されること」が32.8%、「時間帯に問わず行政手続きができること」が32.4%となった。

調査概要
  • 調査期間:2021年7月21日~7月26日
  • 有効回答:10,000人
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:20歳~69歳の男女
  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/9517 2021/08/26 05:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング