SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

2020年度サブスク国内市場は前年度比約28%増に 来年はさらに約14%増を予測/矢野経済研究所調査

 矢野経済研究所は、国内のサブスクリプションサービス市場を調査し、主要・注目カテゴリーの市場動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。

市場概況

 2020年度のサブスクリプションサービス国内市場規模(7市場計、食品・化粧品類の定期宅配サービス分野含む)はエンドユーザー(消費者)支払額ベースで、前年度比28.3%増の8,759億6,000万円であった。2021年度は同13.8%増の9,965億円を予測する。

 サブスクリプションサービス市場は、デジタルコンテンツ分野と食品・化粧品類の定期宅配サービス分野を除くと、まだ小規模な分野が多い。

 これまでサブスクリプションサービスを提供するプレイヤーに同社が調査してきたなかで、多くの事業が抱えるサービス成長の課題は「認知が進んでも利用が進まない」ことであった。しかし、2020年にコロナ禍となって以降、生活様式や働き方が大きく変わったことで市場も変わってきている。

 2020年度の各分野で共通しているのは、新規ユーザーがサービス登録だけでなく、実際にサービスに加入し、サービスを体験したという点だ。コロナ禍でさまざまな行動が制限されたことで、これをきっかけに利便性の高いサブスクリプションサービスの試用が進んだと考えられる。各社では無料サービス等の積極的なキャンペーン展開により、新たなサービスユーザーを大幅に獲得している。このため、有料ユーザー数の増加に必ずしもどのサービスも直結したわけではないが、これまで難しかった「認知から利用」への移行に成功している。2020年度はサブスクリプションサービス利用のきっかけづくりになった年になったといえる。

注目トピック

コロナ禍により注目を集める多拠点居住サービス

 多拠点居住サービス市場は、「地方との交流」や「デュアルライフ」など特定の目的を持つ人に向けたサービスを中心に、ニッチな市場として成長していく流れであったが、コロナ禍となった2020年以降は、人々の生活様式や働き方が変わり、注目を集めている。

 コロナ禍直後で人の移動が減少し、テレワークが定着しはじめた時期は自宅で過ごす人々が増えたことから、一時的にサービスの稼働を大きく落とした事業者もみられたが、緊急事態宣言が明けた6月以降からは、テレワーク場所として都心部から離れた拠点を利用したいというニーズが高まっており、業績を回復させている。都市部近くの周辺エリアに拠点を持っていた事業者も郊外・地方拠点の開拓を進めている状況で、多くのサービスで拠点数が増えている。

 このほか、2020年度のトピックとして、宿泊施設の参入が挙げられる。コロナ禍によりインバウンド(訪日外国人客)が激減したことへの対策として、宿泊施設を月額制サービスとして提供するホテルなどが登場している。ただ、これら施設のサービスは今後、コロナ禍の収束や東京オリンピック・パラリンピック開催により宿泊需要が戻ることが想定されるため、そのタイミングで終了するとみられる。

将来展望

 2020年から続くコロナ禍により、各市場ではさまざまな影響がみられるものの、これをきっかけに新規ユーザーを取り込むことに成功したサービスは多い。コロナ禍によりユーザー数を落としたサービスもあるが、コロナ禍の収束とともに既存ユーザーが復帰、さらにコロナ禍をきっかけにサービスに加入したユーザーが上乗せされるといった相乗効果でサービス拡大につながると考えられる。

 これらのことから、コロナ禍収束後は多くのサービスで本格的なサービス拡大フェーズに入ると考えられ、国内のサブスクリプションサービス市場全体は、引き続き堅調に成長していく見通しである。

調査概要
  • 調査期間:2021年1月〜3月
  • 調査対象:サブスクリプションサービスおよびその支援サービス事業者(BtoC、消費者向け)、サブスクリプションビジネス支援サービス事業者(BtoB、事業者向け)など
  • 調査方法:同社専門研究員による直接面接取材、ならびに文献調査併用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/9089 2021/04/16 05:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング