記事種別

トラック予約受付サービスMOVO Berthがシモハナ物流の全国の拠点に導入決定 待機時間減少に成功

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2021/01/13 08:00

 企業間物流の最適化を目指してLogistics Cloud MOVO(ムーボ)を提供するHacobu(ハコブ)のトラック予約受付サービス MOVO Berth(ムーボ・バース)が、シモハナ物流の全国の物流拠点に導入されることが決定した。

シモハナ物流でのMOVO Berth利用の様子
シモハナ物流でのMOVO Berth利用の様子

 MOVO BerthはLogistics Cloud MOVOのアプリケーションのひとつで、トラックバースの予約や物流施設における入退場受付をオンライン上で管理する仕組み。入出荷情報の共有化、車両平準化、トラックの待機時間の削減を行うことができる。

 シモハナ物流は、食品・外食物流の輸配送・在庫管理などを包括的に請け負う3PL物流サービスを関東から九州で展開している。

 従来、シモハナ物流の多くの営業所(物流拠点)ではトラックの長時間待機が課題となっており、平均1時間、長い場合は2時間半におよぶこともあったという。これは、入出荷トラックを先着順で受付けていたために、早朝にトラックが集中し周辺で待機が発生していたことが要因だった。

 同社では、すでに東日本を中心に9ヵ所の物流拠点でMOVO Berthを導入。特に埼玉県の浦和第二営業所では、2020年10月以降、同サービスを使って予約を入れた車両の平均待機時間は18分、予約を入れていない車両の平均待機時間は61分で、予約の有無で3倍以上の待機時間の影響が出たとのこと。

 また、トラックの待機時間を削減するだけではなく、事前にいつ、何を積んだトラックが到着するか把握できるようになったため、物流拠点側では先々を考えた受け入れ準備ができるようになり、庫内業務の改善にも効果がみられた。

 これらの結果を踏まえ、同社では2021年以降、西日本の各物流拠点にも同サービスを順次導入することを決定した。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2014年03月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5