記事種別

GMO NIKKO「ブランドセーフティURL判定サービス」提供開始 判定URL数1,000本まで無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2021/01/06 07:00

 GMO NIKKOは、アフィリエイト広告の統合管理ツール「TRUE(トゥルー)アフィリエイト byGMO」に搭載されている『ブランドセーフティ機能』を切り出し、「ブランドセーフティURL判定サービス」として提供開始した。

 GMO NIKKOが提供する「TRUEアフィリエイト」では、公序良俗に反する内容や、企業ごとに個別に設定したNG条件に合致するコンテンツをAIが自動解析することで、不適切な媒体に広告が掲載されることを防ぐことができる、ビジネスモデル特許に基づいた『ブランドセーフティ機能』を提供している。

 これまで『ブランドセーフティ機能』は、GMO NIKKOにアフィリエイト広告を出稿し、かつ「TRUEアフィリエイト」を契約しているユーザーのみ利用できる機能だったが、このたび新たに同機能を切り出し「ブランドセーフティURL判定サービス」として提供することにした。

 「ブランドセーフティURL判定サービス」を利用することで、公序良俗に反する内容や、企業ごとに個別に設定したNG条件を含むコンテンツをAIが自動解析して検出するため、不適切な媒体への広告掲載を回避することが可能になる。なお、本サービスは1社あたり1回に限り、トライアルプランとして判定URL数1,000本までを無料で利用できる。

 また、これまで『ブランドセーフティ機能』のアフィリエイトASP連携先として、A8.net、バリューコマース アフィリエイト、JANetと連携していたが、「ブランドセーフティURL判定サービス」の提供開始に伴い、GMOメディアが運営するASP「affitown byGMO」との連携を新たに開始した。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2015年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5