記事種別

Zホールディングス、金融事業をPayPayブランドに統一 ヤフーのPayPay×コマース戦略の成長で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2020/07/31 12:12

 Zホールディングス、Zフィナンシャルは2020年秋以降順次、ZHD傘下またはZHDが出資する金融事業会社6社の社名、およびサービス名を「PayPay」ブランドに統一することを決定したと発表。

 ZHD傘下の中核企業のひとつであるヤフーが出資するPayPay株式会社のスマホ決済サービス「PayPay」は、累計ユーザー数が3,000万人(2020年6月時点)を突破するなど急速に成長。 ヤフーは、提供するオンラインサービスへの「PayPay」決済の導入や「PayPayボーナスライト」などの特典の付与、eコマースサービス「PayPayフリマ」、「PayPayモール」の開始など、昨年より「PayPay」と強固に連携することで、急速に成長する「PayPay」のユーザーを取り込み、コマース事業の成長を加速させている。

 このたび、銀行やクレジットカード、保険など、ZHD傘下またはZHDが出資する金融事業会社が提供する金融サービスについても「PayPay」との連携を強化し、金融事業を成長させていくとともに、わかりやすい名称とすることでユーザーに親しみをもってサービスを利用してほしいという思いのもと、社名やサービス名を「PayPay」ブランドに統一することにした。

 ZHDのグループ企業は、検索、eコマース、決済、旅行など、「調べる」、「買う」、「支払う」、「予約する」といったユーザーのアクションを促す数多くの「場」を提供。ZHDは、これらの「場」において、ユーザーがアクションを起こす際のニーズに沿った最適な金融商品もあわせて提案する、「シナリオ金融」構想の拡充を目指している。2020年1月には「ヤフオク!」での商品購入時にワンストップで保険に加入できる 「ヤフオク!修理保険」の提供を開始した。

 「シナリオ金融構想」の実現により、ユーザーにおいては金融商品の購入や申し込みをする際の利便性が向上するとともに、ZHDグループにおいては金融商品の販売強化に加え、サービスを提供するeコマースなどの「場」自体の魅力向上にもつながる。

  また「PayPay」との連携を強化し、「PayPay」が掲げるユーザーの生活をもっと豊かで便利にする「スーパーアプリ化」構想の実現に向け、「PayPay」アプリにおいて「ローン」や「保険」といったZHDグループの金融サービスの提供を拡充していく予定とのこと。

●編集部より
当初、タイトルを「Yahoo!カードがPayPayカードに Zホールディングス、金融事業をPayPayブランドに統一」としておりましたが、正しくはYahoo!カードがPayPayカードに切り替わるのではなく、Yahoo!カードは継続した状況で、今後PayPayカードが新規リリースされるとのことです。訂正してお詫びします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

2017年07月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5