記事種別

ECサイト向け靴のAIオンラインフィッティング「SureFIT」 データをもとにサイズなどレコメンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2020/07/16 05:00

 靴業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するニューワールドカンパニーは、各靴企業のEC化率向上ためAIオンラインフィッティングサービス「SureFIT(シュアフィット)」をマネージメントサービスと共同開発し、提供を開始した。靴を扱うオンラインショップの売上アップ・返品率ダウンや顧客満足を実現する。

 新型コロナウイルスによって提唱された「新しい生活様式」によって、今後は店舗とオンラインの垣根がなくなりデジタルシフトの対応が急務となっている。しかし、課題としてオンラインで試着できない靴の購入には、どうしてもサイズが合わないことによる返品のリスクを抱えていた。それを最小限に抑えるためにも、ユーザーの足サイズなどの採寸データを捉えたうえで、商品サイズを提案する仕組みが求められてきたという。

 SureFITは、ユーザーが1度足サイズを登録したらさまざまな靴を扱うオンラインショップで利用できる靴に特化したAIオンラインフィッティングサービス。2017年に国立情報学研究所と共同研究からスタートしている。

 靴は国やメーカーごとにサイズが違ううえ、足には100人100通りの形がある。同社は同サービスを通じて世界の靴サイズ(木型)をデータ化。多くのパートナー企業、産官学連携し最先端テクノロジーを駆使し、最適なサイズ選びのサポートを提供していくという。

サービスの使いかた

サイズレコメンド

 ユーザーが選択した商品のサイズ展開の中から、AIが算出したフィット率に基づき、最適なサイズを提案する。

スタッフの足のサイズや特徴をベースにした履き心地レビュー

 シュアフィット利用者による履き心地レビューをユーザー間で共有できる。

商品レコメンド

 ECサイト内のすべての靴とのフィット率をAIが算出、より適したものを最大10件まで提案する。(フィット率はパーセントや記号で表示される)

計測方法

自宅で計測

 簡易質問もしくは詳細計測(メジャー計測)でサイズ登録することが可能。

店舗で計測

 シュアフィットとデータ連携できる計測機をレンタル・販売。より正確な数値を取得でき、特徴のある足へのコンサルティングも円滑になる。足幅・足長・足囲以外にもかかとの形や足圧力など各足部の正確な3Dデータがとれ、店舗内でも活用できるとのこと。個別レポート機能が付属する。

今後の展開

店舗とデジタルのシームレス化

 店舗でのバーチャルフィッティングやスタッフ連携など、オムニチャネル化を推進していく。

在庫最適化

 データをもとにオーダーメイド製造にリンクし過剰在庫削減を目指す。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2018年02月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5