SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

8割が父の日にギフト 母と父、予算範囲に大差なく「2,000~5,000円」約半数/父の日.jp調査

 父の日に特化した情報ポータルサイト「父の日.jp」では、全国の20代~60代の男女(計500名)を対象に「父の日に関するアンケート調査」を実施。2020年度の調査データを公開した。

 今年行った「父の日にギフトを贈るか?」というアンケート調査では、「毎年贈っている」が45.0%、「毎年ではなく、ときどき贈っている」が23.0%と、父の日に何かしら形に残る贈り物をしている人が約8割いることがわかった。

 同サイトでは、「父の日ギフトにかけてもいい金額はいくらか?」というアンケート調査を実施。その結果、「4,000~5,000円未満」と答えた人が1位で19.4%、「2,000~3,000円未満」が2位で15.4%、「3,000~4,000円未満」が3位で14.6%に。約半数は「2,000~5,000円」の範囲で父の日ギフトの予算を決めていることが判明した。

「4,000~5,000円未満」と答えた人のコメント

  • 食べ物や飲み物を毎回送っています。父が自身では買わないような少し贅沢できる飲食物を贈ろうとすると、自ずと少し高めになるため、このくらいの予算になります。(30代)
  • 5000円くらいまで予算を組んでおくとある程度本人の欲しいものやプレゼントできる物の範囲が広がると思います。(40代)

「2,000~3,000円未満」と答えた人のコメント

  • あまり金額が高いと気にするのでこれくらいの値段が妥当なところなのが理由です。(20代)
  • 子供が小さく出費が多いためです。娘が小学生に上がり、フルタイムで働けるようになったらもう少し金額を上げて考えたいです。(30代)

「3,000~4,000円未満」と答えた人のコメント

  • 普段の感謝の気持ちを表すには、これくらいの金額が妥当と感じる。(20代)
  • この価格帯のものが1番買い求めやすくて幅広く商品があり、もらう側も気遣いがなくもらう事ができると思います。(40代)

母の日アンケート調査との比較

 また、今年全国のお母さんを対象に行った「母の日ギフトにかけてもいい金額はいくらか?」というアンケート調査では、「4,000~5,000円未満」が18.6%で1位、「2,000~3,000円未満」が17.4%で2位、「3,000~4,000円未満」が16.0%で3位に。半数以上の人は「2,000~5,000円」の範囲で母の日ギフトの予算を決めていることがわかった。

 母の日ギフトと父の日ギフトでの調査結果を比べると、1位から3位までが同じ並びとなり、「2,000~5,000円」の範囲を予算としている人の割合も約5割と近い結果になった。どちらかだけ高いギフトを、ということはなく、どちらも同じような価格帯でギフト購入を考えている人が多いと推測される。

調査概要
  • 調査エリア:全国
  • 調査主体:父の日.jp
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 調査対象:20代~60代の男女(計500名)
  • 調査期間:2020年3月23日(月)~4月7日(火)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/7886 2020/05/27 05:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング