記事種別

Amazon、置き配の実証実験を東京都・大阪府の各3区と名古屋市・札幌市に拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2020/01/23 16:40

 Amazonは、注文時の配送オプションとして提供する「置き配指定サービス」を、標準の配送方法とした際の利便性や効果を検証するため、1月27日より新たに東京都3区(江東区、文京区、練馬区)、大阪府3区(都島区、西淀川区、生野区)、名古屋市、札幌市にて実証実験を開始すると発表。

 同実験では、気象条件が異なり集合住宅と戸建住宅が混在する人口密集地域で、顧客の多様なライフスタイルに合わせた置き配の有効性を検証することを目指すもの。商品配送先が対象エリアの顧客に対し、置き配指定サービスを標準の配送方法とし、在宅・不在にかかわらず、玄関に商品を届ける。なお、実証実験期間中も、置き場所の変更や対面での受け取りを選択することは可能。

 同社は、2019年11月6日から12月5日の1ヵ月間、岐阜県多治見市で行った実証実験の結果を踏まえ、今回の実験開始を決定。多治見市においても引き続き、置き配指定が標準の配送方法となる。更なる実証実験を通じて、再配達率など配送効率の変化、毀損・紛失事例、対面での商品受け取りを選択した顧客などに関する情報の集計や、実証実験期間の前後に顧客調査の実施を予定している。

アマゾンジャパン合同会社 社長 ジェフ ハヤシダ氏のコメント

 昨年の多治見市での実証実験では、お客様とコミュニケーションを取って配送サービスを向上させる貴重な機会をいただき、多治見市の皆様に感謝申し上げます。Amazonは、本取り組みが配送に関する社会的課題解決のために重要な役割を果たすと考えています。Amazonは、常にお客様の声に耳を傾け、今後も引き続きお客様へより利便性と安全性の高い配送とお受け取りのサービスを提供できるよう、努めてまいります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2015年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5