記事種別

新しい商品受け取りサービス「Amazon Hub」が日本に上陸 商品受け取り利便性のさらなる向上へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2019/09/19 18:00

 Amazonは、新しい商品の受け取りサービス「Amazon Hub」の導入を開始する。

 Amazon Hubは、Amazon.co.jpの購入商品を追加費用無料で「Amazon Hub ロッカー」もしくは「Amazon Hub カウンター」に配達するサービス。9月中に、東京都と神奈川県において数10ヵ所のAmazon Hubにアクセスできるようになり、年末までには東京都、神奈川県を中心にファミリーマート、小田急電鉄、富士シティオ、昭和女子大学、東京海上日動火災保険、ecbo、りらく、大学生協事業連合など約200ヵ所へ拡大、2020年以降は、日本全国に順次拡大予定となっている。

Amazon Hub ロッカー

 Amazon Hub ロッカーは、希望の場所で商品を受け取ることができるサービス。ロッカーは、Amazon会員であれば誰でも利用可能となっており、Amazonから商品が発送され、ロッカーへ配達が完了すると、受け取り準備完了の通知メールが送信される。メールに記載されているバーコードをロッカーのスキャナーでスキャンすることでロッカーが開き、商品を受け取ることができる。保管期間は3日以内となっている。

Amazon Hub カウンター

 Amazon Hub カウンターは、店舗でスタッフから商品を受け取ることができるサービス。商品の注文時に配送先としてAmazon Hubカウンターを指定するこで利用が可能。Amazonから商品が発送され、店舗へ配達が完了すると、受け取り準備完了の通知メールが送信される。メールには、バーコードが記載されており、店舗でスタッフがスキャンし、商品と顧客情報を照会したうえで商品の受け渡しが行われる。保管の期間は14日以内。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2015年09月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5