記事種別

カインズ、西友など様々なRPA活用事例が紹介 「BizRobo! LAND 2019 Tokyo」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2019/09/20 10:20

 RPAテクノロジーズは、RPA・デジタルレイバーによる業務・組織・人の進化をテーマにしたイベント「BizRobo! LAND 2019 TOKYO」を9月18日に開催した。

 同社は、RPAを「幸せな働き方を実現してくれるデジタルレイバー」と位置付け、現場の人々がデジタルレイバーと協働し、楽しい時代を創造できることをミッションとして掲げている。同イベントでは、このような楽しい時代の実現に取り組む各業界のユーザー企業が登壇。「不毛なRPAの取り組みからの脱却」「現場の完全な自立自走を実現」「圧倒的な全社全拠点への展開」などをテーマとした、Next RPAの事例を紹介した。

 講演には、デスクトップRPAツールで作成したロボットをBizRobo!で作り替え、業務改革に成功したカインズや、年間で約2万時間分の業務をRPAのロボットに置き換えることに成功した西友、流通・小売業に特化したITサービス事業を展開するヴィンクスなどが登壇。ヴィンクスのソリューションサービス部 部長 西田智仁氏は、マツモトキヨシ、ロフト、愛媛県を中心に四国・中国地方でスーパーを展開するフジなど、RPA導入により年間数千~数万時間の業務削減、業務効率化に成功している企業の実例を紹介。「事務処理業務のみならず、店舗の後方支援、営業支援など、製造業・小売業が抱える多方面の問題解決にRPAは活用できる」と語った。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

2017年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5