SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

ECzineニュース

サービス提供後にユーザーが自由に価格設定 国内初の決済プラットフォーム「あと値決め」がリリース

 ネットプロテクションズは、サービス体験後にユーザー自身が価格を決めることができる決済プラットフォーム「あと値決め」のリリースを発表。

 日本で初めて未回収リスク保証型の後払い決済サービス提供を開始し、「NP後払い」「NP掛け払い」「atone」などを展開する同社は、今回「ポストプライシング」の概念を取り入れ、同サービスを開発。ユーザーは、事前にアプリやクレジットカード・口座情報の登録、書類提出などの手続きを行うことなくサービスの提供を受けることができ、価値を実感した後に値決めを行い、支払いをする。この流れを一括して代行するサービスを、同社は日本で初めて導入する。

ネットプロテクションズ あと値決め主担当 専光建志氏

 本日行われた発表会では、同サービスを導入するエアークローゼット、ベアーズなども登壇。エアークローゼットでは、UX向上施策としてあと値決めを試験導入し、月額会費を超えた対価は、自社が提携する担当スタイリスト本人へ還元するとしている。ベアーズは、価格不安が理由で家事代行サービスの利用に至らなかったユーザーに向け、初回利用のハードルを下げサービスの良さを実体験してもらうことで、継続利用につなげられると考えていると述べた。

あと値決め 価格設定画面イメージ

 ネットプロテクションズは、同サービスを利用し、ポストプライシングの概念を導入することにより、むやみなクーポンの配布やセール施策などによる利益率低下の改善、価格設定の誤りによる機会損失の最小化ができ、企業にメリットを与えられるとしている。また、ユーザーに対しては、サービスを受けるハードルを下げることで新たな購買体験の提供、製品やサービスとの出会いを増やすことができると考えていると言う。

 今後は同サービス導入企業の一般公募を開始すると同時に、第一弾導入企業のサービス利用者による値決め結果の検証や、ポストプライシング領域におけるスポットイベントを開催し、この考え方を広めていくとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/6975 2019/08/29 17:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング