SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

アリババ、日本ブランドのためのニューリテールカンファレンス開催 日本企業の取り組み事例も紹介

 アリババは2019年7月4日、日本ブランド向けにニューリテール戦略に関するカンファレンス「日本ブランドのための“New Retail” ―アリババグループが推進する中国小売業のパラダイムシフトー」を開催。約170社300名以上の参加者を集めた。

 同カンファレンスでは、アリババグループCEO ダニエル・チャン氏が「アリババエコシステム」の最新動向、企業の事業成長と海外進出をサポートするソリューション、それらが企業にもたらすビジネスチャンスについて講演。UHA味覚糖、ライオンのLSTを活用した中国の地方都市へのアプローチ事例や今後の目標、ストライプインターナショナル、資生堂、コーセーの天猫・天猫国際と連動したデジタル施策などについての共有も行われた。

 UHA味覚糖は、2019年4月にアリババのBtoBプラットフォーム LST上でオープンした旗艦店の事例を紹介。上海などの大都市で上位の売上シェアを占めていた同社が、中国地方都市への販路拡大を狙って行ったこの施策は、出店後3ヵ月で売上が急成長し、2019年4月~6月の売上は前年比5倍以上を達成している。

 アパレル企業のストライプインターナショナルは、2018年よりニューリテールへ本格的に参入。カンファレンスでは、アリババクラウドのクラウドコンピューティングサービスや、モバイルワークソリューションの釘釘(DingTalk)を活用したサプライチェーンおよび会員情報管理の効率化、天猫のEC旗艦店でのAIを活用したチャットボットサービス導入の取り組みを紹介した。実店舗のイベントや割引情報を消費者へ届けることで誘導を促すことで、ストライプチャイナの2019年の売上額を天猫のEC旗艦店で昨年比200%増、実店舗で昨年比150%増まで伸ばしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/6839 2019/07/05 12:40

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング