記事種別

鎌倉市、オーバーツーリズムの解消に向けデジタルガレージなど3社と観光客の行動を可視化する調査実施へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2019/05/24 16:00

 デジタルガレージと鎌倉市、unerry、昭文社の4者は、鎌倉市の観光課題であるオーバーツーリズムの解消に向け、観光客の行動を分析の上可視化し、動態情報を取得する調査の実施に関する協定を2019年5月23日に締結した。

 今回の調査は、鎌倉市が目指す、テクノロジーを活用して社会課題を解決する"パブリテック(Publitech)"の取り組みの一環。

 かつ、持続可能な開発目標(SDGs)の17の目標のうち、「8 働きがいも経済成長も」「9 産業と技術革新の基盤をつくろう」のふたつを軸に、派生する「11 住み続けられるまちづくりを」「12 つくる責任つかう責任」「17 パートナーシップで目標を達成しよう」の実現につながる取り組み。

 パブリテックとは、公共(Public)と技術(Technology)を掛け合わせた造語で、AI(人工知能)、ディープラーニング(深層学習)、ブロックチェーン等の先端技術を用いて、社会課題を解決することを指している。鎌倉市では、行政へのテクノロジーの活用により、行政のデジタル化、社会・地域のスマート化、共生社会の共創を目指す。

  デジタルガレージとunerry、昭文社の3社は鎌倉市が持つ社会課題の解決に向け、各社連携の上ノウハウを提供していくとのこと。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2016年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5