SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

“豊富なお酒の品揃えを体感できる”期間限定バー「Amazon Bar」が銀座にオープン

 アマゾン・ジャパン(以下Amazon)は、2017年10月20日(金)~29日(日)までの10日間、Amazonならではの“豊富なお酒の品ぞろえを体験できる”期間限定バー「Amazon Bar」を銀座にオープンすることを発表した。

Amazon Bar店内の様子
Amazon Bar店内の様子

 Amazonでは2014年4月より酒類の販売を開始。2016年2月には、インターネット上で実際のソムリエに電話やメールで相談ができる「Amazonソムリエ」をスタート。同年11月にはAmazon限定のボジョレー・ヌーヴォーを発売するなど、2016年度酒類事業の売り上げは2年前と比べ約2.7倍に成長している。

 今回のAmazon Barの目的をアマゾン・ジャパンの鈴木亘氏はこう語る。             「ひとつ目はAmazonでお酒を買っていただけるといった認知の拡大。ふたつ目はお酒にまつわる楽しい経験の場を提供したいということ。酒類事業部を立ち上げたときに、多くのお客様にお酒の楽しさを味わっていただきたいという考えがありましたので、それを実現すべく、今回のBarを活用したいと思っています」

 壁一面に約5,000本ものボトルが並ぶAmazon Barのコンセプトは、「メニューがないBar」。   「とにかくお客様に楽しんでいただく、お客様に驚いていただく」ことが考え抜かれており、Barのオーダーシステムもユニークだ。

 まずは注文用端末で8種の酒のカテゴリーの中から好みのものを選択する。そのあと今の気分に関する6つの質問に答えると、その時の気分にあった商品がおすすめされ、その商品を選択すると注文が完了する。

Amazon Bar 注文用端末 / 質問への回答が完了し、最後に注文するお酒を選択するとレシートが出てくるので、それをカウンターに持っていき、お酒と引き換える。
Amazon Bar 注文用端末

 端末がおすすめしてくれるお酒の種類にもこだわりがあるという。                「実は王道的なお酒は置いておらず、あまり知らないなというお酒も多いかと思います。Amazonの各カテゴリーの専任バイヤーが、広く知られてはいないけれど、とにかくおいしいお酒というものを厳選しています。普段は知らなかったけどこんなお酒があるんだ、ということをぜひお客様には味わっていただきたいです」

 期間中は、日替わりの特別イベントやAmazon ソムリエサービスを店舗で直接体験する場も設置される。

 10月19日(木)に行われた記者発表会では俳優の別所哲也さんとタレントの三船美佳さんが、来店第一号としてAmazon Barを体験した。

Amazon Bar を楽しむ 俳優・役所広司さん(左)、三船美佳さん(右)
Amazon Bar を楽しむ 俳優・役所広司さん(左)、三船美佳さん(右)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/5115 2017/10/20 19:30

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング