SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

シーアールイーとPAL、新たな物流センターの構築に向けて共同開発に着手

 共同して取り組む事項としては、主に以下5つ。

  1. 荷主を交えた次世代物流センターの企画・設計・開発
  2. 次世代物流センターの生産性を向上させる先端ロボティクスの導入検証・運用
  3. 次世代物流センターの省人化のための計画実行システムの構築・運用
  4. 次世代物流センター内の電気・通信インフラの整備・運用
  5. 物流センター内のデジタル化に向けたIoTプラットフォームの構築・運用

 物流現場は、労働人口の低下、通販市場の拡大等により、大きな変革期にさしかかっているとのこと。そのため、人とロボットが協同し、重労働・単純労働等の苦役はオートメーション化やAIがサポート、アナログ管理からデジタル連携へと切り替わっていく、次世代に対応した物流センターへと変化していくことが急務となっているとの考え。だが、現行の物流センターではそうした準備が整っておらず、変化への対応が求められている。

 こうした背景から、物流不動産の開発実績を有するシーアールイーと、物流現場への先端テクノロジーの導入・運営を軸に生産性向上に取り組むPALは、次世代物流センターの共同開発に着手。物流センター内の通信インフラ等については、NTT東日本も参画し、共同で検討を進めているとのこと。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/4903 2017/08/08 14:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング