SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ecニュース&人気記事ランキング

2016年度いちばん読まれたEC関連の記事は? 11位~20位を発表

◆第11位 ひとつひとつ施策に「何のために」を追究し続け執行役員に JIMOS川上智子さんインタビュー
EC業界でも女性の活躍が目立つようになりましたが、身近にロールモデルがいないという人も多いと思います。そこで編集部が見つけた、素敵な先輩たちにインタビュー。第1回は、通販化粧品「マキアレイベル」などのブランドで知られるJIMOSで、史上最速のスピードで執行役員となった川上智子さんが登場です。

◆第12位 仕事をしない間を「ブランク」とは思わない コルク自社EC責任者・黒川久里子さんインタビュー
EC業界で働く素敵な女性にお話をうかがうコーナー。今回は、『宇宙兄弟』(講談社)の作者・小山宙哉や安野モヨコなど作家たちのマネージメントを行い、その世界観や可能性を、本という形以外にも広げるコルクの自社EC責任者である、黒川久里子さんです。出版社を経験しているわけでも、漫画好きだったわけでもない彼女が、今、ここにたどり着いた理由とは。女性のキャリア視点でも、これからのECのありかたとしても、とても興味深いお話がうかがえました。

◆第13位 新バージョンが出た! 越境ECで注目の「Magento」ってなんやねん!?
2015年に新バージョンが出たことなどを理由に、注目が集まるMagentoの開発について、6年の経験を持つ筆者が初歩の初歩から伝授します。

◆第14位 「オウンドメディア」を見直そう! ウェブライダー・松尾茂起さんに聞く、コンテンツ制作の鉄則
「商品を買ってもらうには、どんなコンテンツを作ればいい?」 ECサイトを運営している事業者なら気になることだろう。そんな事業者の方々にオススメなのが『沈黙のWebライティング』(エムディエヌコーポレーション)だ。この本は2016年11月に発売されて以降、Amazonのマーケティングカテゴリーの上位にランクインし続けている一冊。今回は著者でWebプランニングチーム「ウェブライダー」代表の松尾茂起さんに、ECサイト向けのコンテンツ作りの秘訣をうかがった。

◆第15位 「利益が出ないから販売しない」は失礼 出荷が遅れても、駿河屋が顧客に愛されるワケ
リサイクル通信が発表した「2016年中古売り上げランキング」9位のエーツーが運営する、駿河屋というショップをご存知だろうか。フィギュアやゲームなどの商材を中心に取り扱い、"マニア"の間では高い人気を誇っている一方、出荷の遅延が指摘されることも多い。それにもかかわらず、なぜ駿河屋は多くの顧客に支持されているのだろうか。エーツー代表取締役社長の杉山さんに、お話を伺った。

◆第16位 「瞬発的に欲しい!と思わせるパワーでウェブはカタログに勝てない」 ディノス・セシール石川さんに聞く
2016年1月にディノス・セシールにCECOとして迎えられ、「カタログの受注チャネルを超えたEC」をミッションに取り組んでいた石川さん。「カタログをウェブにリプレースする、は完璧に間違いでした」という名言が出たインタビュー記事は、2016年上半期ECzineでのアクセスランキング1位に輝きました。この1年、石川さんはどんなことに取り組み、成果を出していたのか聞いてきました。

◆第17位 セブン&アイのオムニチャネルは実現可能なのか 決算書の数字から考える
イオン(8267)と流通2強を形成しているセブン&アイ・ホールディングス(3382)は、2018年度のEコマース売上高1兆円を掲げる。同グループは、Eコマース事業をネットと実店舗を連動させる「オムニチャネル戦略」としているが、はたして実現は可能なのか?

◆第18位 将来の不安への解決策は行動あるのみ! コンサルからAmazonバイヤーに転身した皆川新子さんのキャリア
EC業界で働く素敵な女性にお話をうかがうコーナー。今回は、Amazonヘルス&ビューティ部門 シニアバイヤー皆川新子さんが登場です。大手コンサルティング会社、化粧品通販ベンチャーを経て、Amazonに入社を決めた理由のひとつに、仕事とプライベートとの両立がありました。EC女子なら気になるこの話題、先輩にいろいろ聞いてみましょう!

◆第19位 MAって実際どうなの? ガシー・レンカー・ジャパンとメガネスーパーにホンネを訊く
便利なツールという認識はありながら、うまく活用しきれないことが多いMA。とはいえ、他事業者の使いかたもなかなか聞く機会はない。今回は、国内EC事業者の中でも、常に先進のマーケティングを試みる、ガシー・レンカー・ジャパンの藤原尚也さん、メガネスーパーの川添隆さんに、MAの活用法、およびECマーケティングの極意についてお話をうかがった。

◆第20位 [対談]良品計画川名さん×キタムラ逸見さん 企業理念なきオムニチャネルは成功しない
キタムラの逸見さんが、企業のオムニチャネル推進者と対談するコーナー。第2回は、良品計画・川名常海さんが登場。前編は、川名さんと逸見さんが語る、良品計画の理念「人間の論理」に迫ります。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ecニュース&人気記事ランキング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/4535 2021/07/28 17:08

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング