記事種別

Facebook、動画広告に関する新プランを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/02/14 11:00

 米Facebookは、2月10日(現地時間)、同社が提供している広告に関して透明性、選択性、責任に関して新たな施策を行うことを発表した。

 米Facebookは、2月10日(現地時間)、同社が提供している広告に関して透明性、選択性、責任に関して新たな施策を行うことを発表した。

 Facebookには現在、400万以上の広告主が出稿している。その中で、より詳細で計測可能なキャンペーンデータや選択性の高いキャンペーン施策の提供、そして第3社機関による監査・検証を行うとした。

インプレッションデータの強化

 Facebook、Instagramでのインプレッションデータに関して、より詳細なディスプレイ広告のデータを提供する。

 1.ミリ秒単位での広告表示時間
 2.ミリ秒単位での50%の広告表示時間
 3.ミリ秒単位での100%の広告表示時間

監査・検証

 メディア・レーティング・カウンシル(MRC)による、提供データの監査のほか、24団体のグローバルな第3者機関による提供データの検査を行う。

動画広告に新たな選択肢

 Facebook、Instagram、Audience Networkに、動画広告に関する、3つの新たなオプションを提供する。

 1.Completed-view buying:広告主は、10秒単位の任意の単位で、動画がそこまで見られた場合に料金を支払う
 2.Two-second buying:MRCは動画広告について、50%以上のピクセルが見える状態で、動画広告が再生されてから2秒間以上の表示を求めている。これに準拠し、ピクセル50%、2秒以上表示での広告プラン
 3.Sound-on buying:音声付の動画広告プラン



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2017年05月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5