SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

ECzineニュース

商品購入時、口コミ情報を参考にするジャンル1位は「家電」[マイボイスコム調査]

商品購入時に重視する情報源

商品購入時に重視する情報源は、「テレビ」「メーカーや店舗の公式ホームページ」が各4~5割強で上位2位。ネット上の口コミ情報では、「商品・サービスに関する情報サイト」「商品比較サイト」「ECサイトの口コミレビュー」「インターネットの掲示板」「ブログ、個人のホームページ」が各2割弱~3割強、「Q&Aコミュニティ」が1割、「SNS」「Twitter」が1割以下となった。

商品購入時の口コミ情報参考度

商品の購入やサービス利用時に、ネット上の口コミ情報を参考にする人は55.8%、女性のほうが多く、男性では10代・30代、女性では20代・30代が他の年代より比率が高い傾向にある。また、男性の50代以上では「インターネット上の口コミ情報は利用しない」という回答が多くなっている。

口コミ情報を参考にして購入する商品

口コミ情報利用者に、口コミ情報を参考にして購入する商品・利用するサービスを聞いたところ、「家電製品、AV機器、カメラ」(44.4%)が最も多く、次いで「パソコンなどコンピュータ関連機器」「宿泊、旅行」が各3割で続く。「家電製品、AV機器、カメラ」「パソコンなどコンピュータ関連機器」は男性、「化粧品・美容用品」「衣類・ファッション雑貨」「健康食品・サプリメント」「宿泊、旅行」「病院」は女性で比率が高くなっている。

商品を購入したくなる口コミ情報とは?

口コミ情報利用者の、商品を購入したくなる・サービスを利用したくなる口コミ情報は、「口コミ件数が多い」「同じ評判の口コミをいろいろな人が書いている」「満足度ランキングが高かった」が各3割台で上位に。「口コミ件数が多い」は、女性の20代・30代で比率が高くなっている。

口コミ情報参考時に見るサイトとは

口コミ情報利用者が、商品の購入やサービス利用時に口コミ情報を参考にするサイトは、「価格.com」(45.6%)が最も多く、次いで「Amazonのカスタマーレビュー」「食べログ」「ぐるなび」が各3割前後で続く。「@cosme」「食べログ」は、女性が男性を10ポイント以上上回る。

「ブログ」「2ちゃんねる」「Twitter」「LINE」は10代・20代、「Amazonのカスタマーレビュー」は男性の10代・20代、「ホットペッパー」は女性の10代・20代で比率が高い。

商品購入時の口コミ情報の参考状況

商品購入時に、口コミ情報をどこまで参考にしているかは、「口コミ情報をみて買うことを決めた」が34.5%、「口コミ情報での評判がよい方を買った」が33.5%、「口コミ情報をみて買うことをやめた」が28.2%。口コミ情報が商品購入決定に影響していることがうかがえる。また、「口コミ情報をみて買うことを決めた」は、女性の20代・30代で比率が高くなっている。

今回の調査は、2015年7月1日~2015年7月5日、マイボイスコムがインターネット調査を実施。10,844件の回答を元に集計された。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
この記事の著者

ECzine編集部(Q)(イーシージンヘンシュウブ)

ECzine編集部のキュレーション記事担当のほうです。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/2056 2015/08/18 12:15

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング