SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

アドビ、「Adobe GenStudio」公開 商用デジタルコンテンツを即座に生成・編集可能に

 アドビは、Adobe MAX 2023において、「Adobe GenStudio」を公開した。これは、生成AIテクノロジーAdobe Fireflyを中核にAdobe Creative Cloud、Adobe Express、Adobe Experience Cloudを統合し、急増するコンテンツ需要への対応を支援するエンドツーエンドの新しい企業向けソリューションである。

 新たに発表するカスタマイズ機能とAPIにより、企業はマーケティングおよび制作のワークフローにおいてブランドイメージに沿ったコンテンツのスケーラブルな展開が可能に。コンテンツサプライチェーン(効果的な顧客体験を促進するコンテンツを制作・配信するプロセス)の最適化により、企業は顧客ロイヤルティの強化につながるパーソナライゼーションへの取り組みを拡大し、ビジネスを成長させることができる。

 Adobe GenStudioは、コンテンツの企画から制作、配信までのプロセスを包括的にカバーする。担当者はデジタルアセット管理システムであるAdobe Experience Manager Assetsの操作環境を離れることなく、Adobe ExpressとAdobe Fireflyを使って商用利用にも安心なデジタルコンテンツを即座に生成し、編集することが可能となる。

 また、部門をまたぐシームレスなコラボレーションを実現するため、Adobe Workfront、Frame.io、Adobe Creative Cloud、Adobe Experience Managerのワークフローの統合およびコンテンツの再利用により、ビジネス要件に影響を与えずに、品質やブランドの一貫性を損なうことなく手間と時間、高額なコストのかかるプロセスを加速し、最適化。

 さらに、Adobe Analyticsでコンテンツパフォーマンスのインサイトを得ることで、担当者は、どのコンテンツが反響を呼んでいるかをリアルタイムで理解し、改善を繰り返すことができる。アドビはAdobe GenStudioを活用した自社のコンテンツサプライチェーンを加速し、デジタルマーケティングと顧客エンゲージメントを強化し、ソーシャルメディアキャンペーンの制作時間を3分の1に短縮したという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/13650 2023/10/17 10:07

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング