SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

ビームス、原宿に新店舗をオープン 若手スタッフ主導プロジェクトのプレゼンなど新形態の交流・発信拠点へ

 株式会社ビームスは、メンズカジュアルレーベル〈BEAMS〉の新拠点「ビームス 原宿アネックス」をオープン。また、同店舗にて、20代の若手スタッフ主導の独自のコミュニティやネットワークを反映させた継続プロジェクト「FUTURE ARCHIVE(フューチャー アーカイブ)」のプレゼンテーションを開始することも発表した。

 継続プロジェクト「FUTURE ARCHIVE」は、〈BEAMS〉レーベルの若手バイヤーの一人である飯塚昴氏を中心とした20代のスタッフ5名前後がチームとなり主導する、「10年後、20年後も色褪せることのない“未来のアーカイブ”を生み出す」プロジェクト。同プロジェクトでは、自分たちのコミュニティ周りの嗜好やネットワークを反映させ、オリジナルアイテムやコラボレーションアイテムの販売のみならず、ライブペイティングやDJイベントなどを行うことで、同プロジェクトのチームに共感する、同世代に向けた独自のコミュニケーションを創出してきた。

 同プロジェクトのプレゼンテーションを開始する「ビームス 原宿アネックス」は、原宿・明治通り沿いで営業するメンズカジュアルのレーベル〈BEAMS〉の旗艦店「ビームス 原宿」から、約20m離れた場所に位置しており、同レーベルにおける新たなコミュニケーションの場や発信拠点を目指す。

 店内は、ストリートとフューチャリティックのミックスをデザインコンセプトとし、モルタルの床に、ミラーやステンレス鏡面の什器を用いたシンプルな空間で、店舗奥に設置された特徴的な半円の形をしたレジカウンターは、ユーザーとスタッフのコミュニケーションを促進する。

「ビームス 原宿アネックス」の店舗すべてを使った「FUTURE ARCHIVE」のプレゼンテーションイメージ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/13268 2023/08/01 17:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング