SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

Instagram・Facebookの有料サブスクバッジ「Meta認証」、日本でも提供開始

 Metaは、2023年7月13日に若手のクリエイターのプレゼンス確立、より早いコミュニティ構築を実現するためのサブスクリプション「Meta認証」を日本でも順次開始すると発表。

 「Meta認証」は、公的機関が発行した本人確認書類の提出により、Instagram・Facebookのアカウントが本物であることを示す認証バッジが付与されるもの。現状は利用資格を満たしている個人、もしくはプロフェッショナルプロフィールを利用しているクリエイターのみが利用でき、ビジネスプロフィールは申請対象外となっている。

 同バッチが付与されたアカウントは、Metaによる積極的なアカウント保護、日本語を含むアカウントサポートへのアクセス、InstagramとFacebookのストーリーズやリールで利用できる特別なスタンプといった特典を受けることができる。

 同認証は、同年2月にオーストラリアとニュージーランドで開始したテスト結果を踏まえて実装。サブスクリプション購入はInstagramもしくはFacebookから直接行え、日本ではiOSとAndroidで月額1,990円、ウェブ上では月額1,592円の価格設定となっている。

 「Meta認証」の利用を希望する場合は、18歳以上かつ以前の投稿履歴など最低限のアクティビティ要件を満たした上で、申請するInstagramあるいはFacebookのアカウントのプロフィール名、および写真と一致する公的機関発行の本人確認書類の提出が必要となる。公人、著名人、有名人、ブランドとして特定の要件を満たし、既に認証バッジを取得しているInstagram・Facebookアカウントについては、今後も無料で認証バッジが維持されるとのこと。既存の方法による、無料の認証バッジリクエスト受付も継続される。

 Metaは日本国内における同認証について、7月13日から順次ロールアウトを開始し、今後数週間の間に広く利用できるようになると発表している。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/13175 2023/07/13 12:30

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング