SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

JR東日本、ロッカーに予約、預入、受取、発送機能を整備し駅を物流の拠点に 7月に新会社設立も

 JR東日本グループは、預け入れが主な用途のロッカーについて、ウェブアプリ上での空き状況の検索を充実させるほか、予約、預入、受取、発送といった1台4役の機能を整備するなどロッカーの多機能化を進め、駅を物流の拠点にしていく考えを発表した。

 駅を物流の拠点とすることにより、ECビジネスにおけるラストワンマイルの課題や、物流の2024年問題が抱えるドライバー不足など、社会的課題の解決に貢献する。

 また、ロッカーの多機能化と駅の物流拠点化を推進するため、2023年7月3日に「JR東日本スマートロジスティクス」を設立する。

ロッカーの多機能化に向けた新型ロッカーの導入と実現するサービス

 新たに導入するロッカーと、物流事業者やECサイトなどを配送プラットフォームシステムで結びつけ、これまでの預け入れだけでなく荷物や商品の受け取り・発送など新しいサービスの提供を可能にする。

今回実現するサービスの概要図

新型ロッカーの導入

 新型ロッカーを今後3年間で首都圏にて約1,000台(約3万口)導入する。ユーザーの需要に応じて各種サービスに割り当てるロッカー口数を変動させることで、各駅のニーズに適したサービスを提供する。また、冷蔵機能を搭載したロッカーも導入し、多様な預入・受取に対応できる環境を整備する。

ECなどの商品受取

 ECで申し込んだ商品を生活動線上の駅で便利に受け取ることのできるライフスタイルを提案。また、将来的にはエキナカ・駅ビルなどの商品を営業時間外にも受け取れるようにする。

クリーニングや駅で受取可能なサービスの拡充、産地直送商品の受け取り

 列車荷物輸送「はこビュン」を活用した産地直送の商品の受取が可能になるほか、クリーニングや薬局などとの連携を通じてロッカーを拠点とした受け取りを推進する。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/12805 2023/05/12 05:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング