SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

ECzineニュース

Shopify、事業戦略を発表 Commerce Componentsの国内提供に向けた体制目指す

 コマースプラットフォームを運営するShopify Japanは2月6日、事業戦略に関する記者説明会を実施。登壇したカントリーマネージャー 太原真氏、シニア セールスリード 伊田聡輔氏、パートナーシップ兼事業開発部長 徳満泰彰氏の3名より、同社が今後注力していく領域などの説明がなされた。

 伊田氏はShopifyのサービスを機能ごとに提供する「Commerce Components by Shopify」の国内展開について言及。「ストアの開設やデータ管理などの作業を一括して行うことができる点に強みを持つShopifyだが、一部の機能のみを活用したいという声もあった。その実現に向け、本社ではCommerce Components by Shopifyというサービスを1月に発表した。今年1年を通じてサービスを提供するための体制を整えていく」と意気込みを述べた。なお、国内提供の開始時期や提供価格は未定となっている。

 また、アメリカで発表された利用料金の値上げに関して、日本でも同様に価格改定を行うという。これについても伊田氏は「値上げはするものの、年間契約をすれば従来と同じ価格で利用が可能」と説明した。

 2006年にカナダで創業し2017年に日本法人を立ち上げたShopifyだが、2021年における日本の事業者数は前年比で120%、GMV(流通取引総額)は170%増加している。また、国内において日本郵便・三井物産と連携し中小規模の事業者向けに配送支援を行うなど、外部企業との協業にも取り組んでいる。

事業者数およびCMVの推移グラフ
クリックすると拡大します
外部企業との提携
クリックすると拡大します

 今後もサポート人材の育成、パートナー企業とのエコシステム強化などに力を入れ、さらなる成長を目指すとのこと。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/12356 2023/02/07 14:50

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング