SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

セーブ・ザ・チルドレン、寄付プラットフォームの不正利用抑止のためForter採用 承認率が2%上昇

 機械学習を用いた不正対策プラットフォームを手掛けるForter(フォーター)は、寄付プラットフォームの不正利用を抑止するプロボノ活動としてSave the Children Australiaと提携したことを発表した。

 Save the Children Australiaは、子ども支援に関するオーストラリア最大の非営利開発機関として、11万6,000人以上のオーストラリア国民、企業および慈善事業パートナー、連邦政府、州政府、地方政府からの資金援助を活用し、数百におよぶコミュニティで数千人の子どもたちを支援している。

 慈善団体のCharities Aid Foundationによると、現在同国における寄付の40%がオンラインで行われている。しかし残念なことに、オンライン寄付の普及にともない、非営利団体が運用する寄付プラットフォームが不正利用の標的となっているという。

 Save the Children Australiaは、「カードテスト」の事例を調査。カードテストとは、詐欺集団が不正に入手したクレジットカード番号で高額の買い物をする前に、1ドル程度の低い取引額でそのカード番号が有効であるかを「テスト」する手法のこと。この不正利用による取引額自体は小さいものの、Save the Children Australiaは不正利用が行われるたびに決済代行会社からチャージバックに対する手数料請求を受けていることが明らかとなった。

 こうした事態を受け、ForterはSave the Children Australiaと提携し、カードテストによる不正利用を抑止するため、同社の不正対策ソリューションであるTrusted Conversionsを導入。同ソリューションによってSave the Childrenは、すべての取引について正確かつリアルタイムに判定を行い、本当の寄付か不正利用かを見分けることが可能となる。

 Forterのシステムは豊富なグローバルデータセットを活用することで、個人の信頼度を平均300ミリ秒以内に評価し、正当な支持者のオンライン寄付プロセスに摩擦を生じさせることなく、詐欺集団の不正行為を確実に阻止する。

 Forterのシステムを導入して以降、Save the Children Australiaでは26万豪ドル相当以上の寄付金が承認され、承認率は95%から97%に上昇したとのこと。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11879 2022/10/16 12:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング