SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

モノタロウ.comがメカニカル部品、農業機械部品などの取扱点数を大幅拡充 取扱点数1,900万点突破

 現場を支えるネットストア「モノタロウ」を運営するMonotaRO は、国内ECサイト「monotaro.com」の、取扱商品点数が2022年9月に1,900万点を突破したことを発表した。商品を豊富に取り揃えることで、ユーザーの間接資材調達の効率化を促進し、ユーザーの時間価値を高めることに貢献し続ける考えだという。

 同社は2001年に、軍手や工具、研磨剤などの消耗品のインターネット販売を開始。より多くのユーザーの間接資材調達を簡便化するために、各業種でよく使用されるコピー用紙やゴミ袋、蛍光灯などの消耗品、棚や台車や椅子などの買い替え需要品を取り揃え、加えてロングテールといわれる「使用頻度が低い商品」の取り扱いを拡充してきた。多品種小ロットといわれる間接資材市場において、「使用頻度が低い商品」や「周辺商品」「交換部品」「オプション品」といった、現場で使う本体の「周辺」にあるものまで取り扱うことで、ユーザーのニーズに応える。

 なお同社では、必要とされる商品を、明確な価格と納期で提示し、膨大な商品点数のなかでもユーザーが見つけやすい環境を提供するため、検索性に注力したサイト運営を行っている。

新規拡充商品は、農業機械部品や産業用ロボット、エアシリンダなど

 2019年2月以降2022年9月までの期間の主な新規販売商品の内訳は、次のとおり。

  • 農業機械や部品のBIGM(丸山製作所)商品 約153万点
  • メカニカル部品や産業用ロボットなどの黒田精工商品 約67万点
  • オリエンタルモーター商品 約12万点
  • エアシリンダやコンプレッサー・空圧機器・ホースのSMC商品 約49万点
  • バイク用品のピアッジオグループ(piaggio)製品 約7万点
  • 制御機器の検出・センサ・表示機器・ディスプレイ・タッチパネルの渡辺電機工業商品 約6.8万点

 そのほか、さまざまなカテゴリでメーカー商品を拡充した。

 また、価格を抑えた安心してお使いいただけるプライベートブランド「モノタロウブランド」商品を拡充している。拡充した主なカテゴリと、拡充点数は次のとおり。

  • ねじ・ボルト・釘/素材カテゴリ:1,000点以上
  • 切削工具・研磨材カテゴリ:1,000点以上
  • 配管・水廻り部材/ポンプ/空圧・油圧機器・ホースカテゴリ:900点以上
  • 物流/保管/梱包用品/テープカテゴリ:600点以上

 ほかにも多数の商品を発売し、2019年2月以降2022年9月までの期間で合計7,640点のモノタロウブランド商品を拡充したとのこと。

拡充したモノタロウブランドの商品例
拡充したモノタロウブランドの商品例

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11846 2022/10/05 06:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング