SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

アイリスオーヤマ、小売店舗の価値創造と課題解決を総合支援するストアソリューション事業に参入

 アイリスオーヤマは、法人事業の基盤を強化、拡充するため、小売店舗の価値創造と課題解決を総合支援する「ストアソリューション事業」に新規参入することを発表した。

 近年、小売業にとって慢性的な人手不足が課題となっており、働き方改革や、新型コロナウイルス感染症の予防対策など、店舗運営の業務負担が増加している。また、電気料金の値上げが続き、店舗運営経費の増加が経営に大きな影響を与えている。さらに電子商取引(EC)サイトでの物品やサービスの売買が増加し、従来の競争環境が急速に変化している。そうしたなかで、小売店舗はリアル店舗の強みを活かすために、リアル店舗でしか得られない顧客体験と付加価値を提供することが課題となっている。

 そこで、今回同社が新規事業参入する「ストアソリューション事業」では、店舗に必要な什器・内装、LED照明、オフィス家具に加えて、IoTやDX清掃ロボットなど同社の多様な事業領域における豊富な商材やサービスを活かして、小売業者に対して店舗運営の課題解決とリアル店舗の付加価値の創造を総合的に提案しする。

 ストアソリューション事業の概要は次のとおり。

省人化・省力化

 IoTセンサー技術を活用して、店舗オペレーションの自動化を推進する。IoTセンサーなどの機器により、店舗におけるさまざまな記録作業を自動化することで業務のDXを推進。また、省人化什器や店舗スタッフの作業効率などを「見える化」することで、店舗運営マネジメントの変革を支援する。

省エネ・脱炭素

 電力需給ひっ迫が続き、さらなる省エネが求められているなか、LED照明による節電効果に加えて、無線照明制御システム「LiCONEX」を活用することで、目的と時間にあわせて点灯する照明機器により、明るさを調整することで、きめ細かく柔軟に節電できる。たとえば、昼の明るい時間に照度を抑えることで不要な消費電力を削減し、最適なエネルギーマネージメントを実現する。

リアル店舗の価値創造

 プロジェクターやデジタルサイネージを活用することで、ダイナミックで顧客の注目を集める映像を演出でき、リアル店舗でしか得られない顧客体験と空間デザインといった新たな付加価値を提供する。また、照明の色を自在にコントロールできる調色 LED 照明により、季節や時間帯、店舗レイアウトに合わせて最適な照明空間を提供することで、顧客の購買行動に変化をもたらし、より快適な購買環境の実現を支援する。

新たなマーケティング手法の創出と共同研究

 AIカメラやIoTタグによって、来店顧客の人数、性別、年代、店内での導線といったさまざまな属性に応じた多様な分析が可能に。これらの分析データとPOSデータを組み合わせることで、店舗ごとの顧客特性や併買する可能性の高い商品を把握することで、より精度の高い販売予測を実現する。また、購買に至るまでの経緯の可視化、レイアウト変更や販売企画による購買行動の変化といった店舗運営のノウハウをデータとして蓄積できる。

 さらに、複数の企業が参画し、AI カメラや IoT ソリューションサービスで収集したデータから顧客属性や動線などを分析し、新たなマーケティング手法の実施と推進を行う「チェーンストアAI分析研究会」を通じて、多くの企業が抱える課題の解決と新たなマーケティング手法の検証により、リアル店舗のさらなる価値創造にも取り組む。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11608 2022/07/21 20:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング