SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

東南アジアの化粧品市場は前年比3.7%増 EC中心に通販チャネルが伸長/TPCマーケティングリサーチ

 TPCマーケティングリサーチは、東南アジアの化粧品市場について調査を実施し、その結果を発表した。同調査では、コロナ禍でも成長を続ける東南アジア6ヵ国の化粧品市場について、対象各国の化粧特性や、現地企業および欧米・日系企業など海外企業の参入動向と展開ブランド、売上高、今後の展望などについて多角的に分析を行った。

調査結果

 2021年(2021年1〜12月)の東南アジア6ヶ国(タイ・インドネシア・マレーシア・ベトナム・シンガポール・ミャンマー)の化粧品市場は、前年比3.7%増の9,712億円で推移。同地域は、化粧習慣の浸透や可処分所得の増加などを背景に、直近10年で1.8倍以上に成長している。またインターネット・SNSの普及にくわえ、コロナ禍による外出制限が追い風となって、ECを中心とする通信販売チャネルが大きく伸長。コロナ前のライフスタイルに戻るなかでも、同チャネルを利用する消費者は増加するとみられることから、引き続き市場全体の成長に貢献するとみられる。

 国別にみると、タイは前年比3.0%増の3,545億円で推移。美白や自然派訴求の化粧品ニーズが高いことや、比較的高齢化が進んでいることからアンチエイジング化粧品の需要が拡大傾向にある。またインドネシアは、前年比3.3%増の3,668億円で推移。世界最大のムスリム人口を擁する同国では、「Wardah」(Paragon)など現地ブランドのほか、「ガルニエ」(L'Oreal)や「カリサ」(ロート製薬)など海外ブランドもハラル化粧品を展開しており、市場全体の拡大に貢献している。

 マレーシアは前年比5.5%増の980億円で推移。同国は国民の7割がムスリムであることから、インドネシアとともに世界最大規模のハラル化粧品市場を形成している。また近年は、ムスリムによるメイクアップ需要が拡大しており、ヒジャブとマッチしたメイクアップアイテムの紹介や、メイクの方法を紹介するムスリム系インフルエンサーが増加していることから、今後はさらなる市場の拡大が期待される。このほか、ベトナムは前年比9.0%増の640億円で推移。同国は、韓流コンテンツの影響でおしゃれへの意識が高まっているほか、周辺国と比較してもECチャネルが急速に拡大しており、市場全体の売上をけん引している。

 シンガポールは前年比3.3%増の593億円で推移。近年、メイクアップを行う女性が増加しており、美白効果を備えたベースメイクなどに人気が集まっている。またミャンマーは前年比0.7%増の286億円と微増推移。市場の潜在性は高いものの、軍事クーデターの影響で国内に混乱が生じていることから、化粧品市場も停滞している。

調査概要
  • 調査対象:東南アジアの化粧品市場
  • 調査対象国:タイ・インドネシア・マレーシア・ベトナム・シンガポール・ミャンマー
  • 調査対象商品:
    ・スキンケア…クレンジング、洗顔料、化粧水、乳液、美容液、クリーム、日焼け止めなど
    ・ケア…シャンプー、リンス、コンディショナー・トリートメント、スタイリング剤、ヘアカラー剤など
    ・ボディケア…ボディソープ、ローション、ミルク、クリームなど
    ・メイクアップ…ベースメイク、リップメイク、アイメイク、チーク、フェイスカラーなど
  • 調査対象企業:大別して現地企業、欧米系企業、日系企業、韓国・中国系企業の4つ
  • 調査実査日:2021年11月~2022年6月

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11583 2022/07/13 06:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング