SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

世界で500万人、日本で5万人以上の雇用を創出 Shopifyが2021年のインパクトレポートを発表

 Shopify(ショッピファイ)の日本法人Shopify Japan 株式会社は、Shopifyでビジネスを運営しているマーチャントが2021年に世界に与えた経済効果のレポートを発表。同社はマーチャントの活躍にともなう影響を「Shopify Effect」と呼び、効果を測定するためにDeloitte(デロイト)と提携を行っている。

 同レポートによると、Shopifyのマーチャントは2021年に世界で500万人の雇用を創出。加えて、4,440億ドル(約48.7兆円)の経済効果に貢献したとされている。日本においては、5万人以上の雇用創出と66億ドル(約7,243憶円)の経済効果に貢献。マーチャントとShopifyの収益を比較すると、Shopifyの収益1ドル(109.75円)に対して、マーチャントは38ドル(約4,170円)となっている。

Shopify Japan 日本カントリー・マネージャー 太原真氏のコメント

 Shopifyが日本市場に参入をしてから約4年が経過しました。日本でも個人事業主から大手企業様まで多くのマーチャントの事業拡大、また日本経済における雇用創出に貢献できたことを大変嬉しく思います。本レポートでは、マーチャントが2021年に7,243億円の経済効果と、2020年と比べて44%増の5万人の雇用を創出したことが明らかになり、彼らの著しい成長を示しています。直近では、日本の専門のサポートチームを立ち上げ、今後も日本のマーチャントのビジネス拡大やパートナーエコシステムのさらなる発展のために遠大な計画を進めて参ります。

調査結果のハイライト

  • 日本のマーチャントは、66億ドル(約7,243億円)の経済効果(※)に貢献(前年比73.9%増)
  • 日本のマーチャントは、5万7,800人の雇用を創出(前年比44.1%増)
  • Shopifyのマーチャントは世界全体で500万人の雇用創出に貢献
  • 2021年度、Shopifyを利用するマーチャントによってもたらされた経済効果は、前年比45%増の4,440億ドル(約48.7兆円)を記録
  • 越境ECによる売上は、250億ドル(約2.7兆円)以上を達成。このうち、個人または小規模企業の売上は110億ドル(約1.2兆円)を達成
  • 新興国のマーチャントが生み出した収益は、65億ドル(約7,133億円)にのぼる
  • Shopifyのパートナーエコシステム(マーチャントの事業を支える開発者、デザイナー、マーケテター、会計士、物流業者なども含む)は、320億ドル(約3.5兆円)以上の収益を創出。この収益はShopifyの収益の約7倍となり、昨年比45%増を記録。加えて、65万6,000人の雇用を創出している

※デロイトは、利益、労働収入、税収を含めて世界における経済効果を算出。同レポートではShopifyのグローバルマーチャントベースのデータ、およびデロイトカナダが収集した関連する第三者データを参照

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11328 2022/05/02 14:40

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング