SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

NICE、始まりのチャネル問わず顧客へのインテリジェントな対応を可能にする「CXi」発表

 NICEは、CXoneプラットフォーム上の統合アプリケーションスイートを通じて提供される、新しいフレームワーク「カスタマーエクスペリエンスインタラクション」(CXi)を発表した。

 CXiは、カスタマージャーニーの始まりがどのチャネルであっても、顧客へのインテリジェントな対応を可能にするもの。AIとデータに基づいて構築されたセルフサービス機能による問題解決や、エージェントが顧客のニーズに対して正確な解決策の提案を可能にする。

 CXiは、クラウドネイティブCXプラットフォームであるCXoneをベースに、CCaaS、コンタクトセンター・ワークフォース最適化、分析機能、AI、およびデジタルセルフサービスという業界唯一のコンビネーションで提供される。これにより、カスタマージャーニーの全体において、スマートに連携されたセルフサービスとヒューマンアシストインタラクションの提供が可能になる。

 CXiは、CXoneプラットフォームの一部として、いくつかのコア機能をシームレスに統合することで提供される。

  • インターネットデジタルカスタマージャーニーの始まりから、顧客にスマートなサービスを提供。顧客に適切なコンテンツを提供し、探している情報が見つかるように導き、また必要に応じて企業側からのプロアクティブな対話も可能にするデジタルエントリーポイントソリューション。
  • 各種デジタルチャネル、音声、セルフサービス、エージェント応対を一つにまとめ、シームレスで一貫性のあるスマートなサービス提供を形作る。カスタマージャーニー全体のルーティング、連携を行うフルジャーニー・オーケストレーションソリューション。
  • 顧客が何を望んでいるか、ニーズがどのように表現されているかに関するデータに基づいて、スマートに自動化された会話を構築できるスマートセルフサービス機能。この機能には、顧客のニーズに合う適切なコンテンツと解決策を見つけて提供する機能が備わっている。
  • 顧客満足と問題の迅速な解決につながるハイパーパーソナライズされた独自のインタラクションを提供できるように、エージェントのリアルタイム応対、豊富なナレッジ強化をサポート。
  • カスタマージャーニーの理解、分析、改善を支援するNICEのWFO、分析機能、VOC(顧客の声)ソリューションといった主要なスイートに基づくコンプリートパフォーマンスソリューションで、顧客体験を継続的に改善。

 NICE CXone CEOのPaul Jarmanは次のように述べている。

 「私たちは技術革新とその活用という激動のサイクルを生きており、消費者の新しい期待に絶えず応えています。実際、顧客の期待は、過去15年間よりも今後5年間で大きく変化すると予想されています。従来のサービスアプローチでは、カスタマージャーニーの全体像と一連の顧客のニーズが見落とされます。デジタル上の全接点を理解し、それぞれに対し有意義な顧客体験を提供することは、意味ある破壊的イノベーションと市場での差別化のための素晴らしいエンジンであるだけでなく、真の顧客満足度とブランドロイヤルティにとっても重要です。今日、私たちは、全てのインタラクションをひとつのスマートなプラットフォームに統合する CXoneを牽引役として、新しいCXのスタンダードを推進しています」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/10333 2021/11/09 17:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング