SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

現代中国の宅配サービスと国民性を解剖/軽貨物運送の倒産が過去最多に

─[Vol.484] ──────────────
このメールは翔泳社のメディア・イベント・サービスにご登録いただいた方に
お送りしています。配信の停止は文末をご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人気ランキング(2023-11-10~2023-11-16)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは、ECzine編集部です。
2023年11月10日~11月16日の
人気記事・ニュースランキングをお送りします。

<記事>

●1位 “安い”だけで勝負できない現代の中国EC市場 国民の関心は市場価格と
販売価格のギャップにある
https://eczine.jp/article/detail/13658?utm_source=eczine_regular_20231120&utm_medium=email

一般社団法人深セン市越境EC協会日本支部代表理事 成嶋祐介氏が、
中国の最新トレンドを解説する本連載。第1回・前編では、
AIを搭載した防犯カメラや信用スコアの普及など、
中国のDXについてお伝えしました。後編のテーマは、
「中国の宅配サービスと国民性」です。

●2位 10年前の中国とは違う サービスレベル向上の理由は無数の防犯カメラと
個人の信用度を測るスコア?
https://eczine.jp/article/detail/13657?utm_source=eczine_regular_20231120&utm_medium=email

中国が猛スピードで進化を遂げています。防犯カメラの普及や
個人にスコアが付く仕組みなどにより、
サービスレベルが格段に向上しているのです。そんな中国の最新トレンドを、
一般社団法人深セン市越境EC協会日本支部代表理事 成嶋祐介氏が
解説する本連載。第1回は、前編と後編にわけ、
現代における日本と中国のEC市場を比較します。

●3位 ステマ規制、理解できていますか?シチュエーション別の判断基準と
注意点をフローチャートで紹介
https://eczine.jp/article/detail/13618?utm_source=eczine_regular_20231120&utm_medium=email

2023年3月28日に、消費者庁が景品表示法5条3号の規定に基づいて発表した
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難な表示」
(以下、指定告示)。この指定告示に基づき、
同年10月1日よりスタートしたのが、いわゆる「ステマ規制」だ。
事業者はペナルティーを課せられないよう、
このタイミングでSNSやUGCの活用をどう見直せば良いのだろうか。
2023年9月22日開催の「ECzine Day 2023 Autumn」にて、
一般社団法⼈クチコミマーケティング協会 運営委員会委員長/
東京工科大学 准教授・博⼠の藤崎実氏が、
健全なブランドコミュニケーションと
今後のマーケティング活動のヒントを伝授した。

●4位 勝手に妄想したペルソナ、本当に存在しますか?ターゲット設定に役立つ
10のコツから思い込みを排除しよう
https://eczine.jp/article/detail/13696?utm_source=eczine_regular_20231120&utm_medium=email

オンラインショップの売上向上が喫緊の課題だ。手探りで始めてみたものの、
何から着手したら良いのかわからない。そんな方に「これさえやっておけば、
最初の一歩としては大丈夫」という魔法の法則を伝える当連載。
EC歴13年、オンラインショップ再生コンサルタントの
オオスミ浩子さんが解説します。
第5回のテーマは「ターゲット設定に向けた10のコツ」です。

●5位 2023年10月にいちばん読まれたEC関連の記事はどれだ!? アクセストップ10
https://eczine.jp/article/detail/13735?utm_source=eczine_regular_20231120&utm_medium=email

2023年10月にいちばん読まれたEC関連の記事は?
アクセストップ10は次のとおりです。



<ニュース>

●1位 軽貨物運送の倒産が過去最多 ドライバー不足に燃油高追い打ち、
半数超が業績悪化/帝国データバンク調査
https://eczine.jp/news/detail/13799?utm_source=eczine_regular_20231120&utm_medium=email

●2位 LINEヤフー、無料で予約受付できる「Yahoo!リザベーションマネージャー」
のシンプルプランを提供
https://eczine.jp/news/detail/13792?utm_source=eczine_regular_20231120&utm_medium=email

●3位 Amazon、2022年の日本への投資総額は1.2兆円以上と発表 直接雇用数は
約1万2,000人
https://eczine.jp/news/detail/13810?utm_source=eczine_regular_20231120&utm_medium=email

●4位 ビックカメラら3社、物流施設におけるロボットを活用した実証事業を開始
 人との効果的な役割分担など検証
https://eczine.jp/news/detail/13800?utm_source=eczine_regular_20231120&utm_medium=email

●5位 ダッソー・システムズとアシックスが提携 関係強化とともに次世代の
製品開発を目指す
https://eczine.jp/news/detail/13821?utm_source=eczine_regular_20231120&utm_medium=email

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの配信停止はこちらからお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/ecz?token=&utm_source=31314&utm_medium=email

配信先の変更はこちらから(ログインが必要です)。
https://shoeisha.jp/users/account

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/ecz/
 へご連絡ください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 ECzine編集部
(c)2013 SHOEISHA. All rights reserved.

Special Contents

AD

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング