SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

フルリモートのEC運営で売上1億/「北欧、暮らしの道具店」D2Cカテゴリ拡充

-[Vol.427]-------------------------------------------------------
このメールは翔泳社のメディア・イベント・サービスにご登録いただいた方に
お送りしています。配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------



[0]目次
----------
[1] 今週のホットトピックス
[2] 新着記事一覧
[3] 新着ニュース
[4] 人気ランキング
[5] 季節に一度の雑誌『季刊ECzine』
[6] 配信停止の方法

ニュース・記事配信中! ECzineのソーシャルメディアはこちら
* Twitter : https://twitter.com/ECzine_jp
* Facebook: https://www.facebook.com/eczine
記事のプッシュ通知設定はこちらから


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 今週のホットトピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは、ECzine編集部です。
今週のオススメはこちらです。

●フルリモートでEC運営 月数件の受注から2年で売上1億を達成した
ハートウエルの試行錯誤を振り返る


EC売上を伸ばすために試行錯誤している方々も多いのでは。
人材の採用・育成だけではなく、
新しい働き方や体制の構築に売り上げを伸ばすヒントがあるかもしれません。

ニュースはこちらをご紹介。
ブランドや商品のファンを獲得するには、
世界観とそれに合わせた商品づくりが重要です。

●「北欧、暮らしの道具店」に“下着カテゴリ”追加、顧客ニーズに応えD2Cカテ
ゴリを拡充


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 新着記事一覧:8本(10/12~10/19)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ライブコマースでEC体験向上へ 物流は新規事業として別体制を
 EC事業者がおさえておきたい13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。
オープンロジの伊藤さんに、物流について聞きました。
※本記事は、2022年9月25日刊行の『季刊ECzine vol.22』に掲載したものです。


◆生産地の風景もブランド価値になる グローバルECで意識したいメッセージの伝
えかたと決済の安全性担保
 円安の加速により大きく変化するビジネス環境。原材料費の高騰など課題も多い
が、ポジティブに考えれば海外顧客にとって日本製品の割安感が高まり、越境ECで
外貨を獲得するチャンスとも言える。2022年8月30日開催の「ECzine Day 2022 Aug
ust」にて、ペイパル 東京支店の大津陽子氏、株式会社エヌプラスの中村祐介氏、
Lingble Pte.Ltd.の原田真帆人氏が登壇。中村氏がモデレーターを務め、越境EC、
グローバルECを成功に導く秘訣についてQ&Aを交えながら鼎談を行った。


◆フルリモートでEC運営 月数件の受注から2年で売上1億を達成したハートウエル
の試行錯誤を振り返る
 メーカーやブランドがEC売上を伸ばそうとする際、人材の採用や育成だけでなく、
場合によってはこれまで企業内に存在しない働きかたや制度などの構築も欠かせ
ないものと言える。こうした環境作りを率先して行い、EC事業部立ち上げから2年
で売上1億円規模にまで成長させたのが株式会社ハートウエル EC事業部で部長を務
める河野友美さんだ。同氏に事業部立ち上げから取り組んできたこと、フルリモー
ト勤務で組織を円滑に回すコツなどについて話を聞いた。


◆期待を超えるOMOは 1対1の接客から
 EC事業者がおさえておきたい13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。
フラクタの河野さんに、ECシステムについて聞きました。
※本記事は、2022年9月25日刊行の『季刊ECzine vol.22』に掲載したものです。


◆顧客の熱量をブランドの力に 人の存在が見える対応で強固な絆を作り上げる
UNION TOKYOのCRM
 広告よりもCRMがブランドには合っている。抽選購入からも出会いを生む仕掛けを。
※本記事は、2022年9月25日刊行の『季刊ECzine vol.22』に掲載したものです。


◆世界が熱狂する新マーケットプレイス創造を目指す「スニダン」 急成長とアプ
リマーケティングの秘訣とは
 商品・サービスの選択肢が多様化する現代。認知獲得や集客施策も「モバイルア
プリ起点での接点強化」「コネクテッドTVへの動画広告展開」など、テクノロジー
の進化とともに活用できるチャネルや効果測定技術が多岐にわたっている。2022年
8月30日開催の「ECzine Day 2022 August」にて、モバイルマーケティング分析プ
ラットフォーム「Adjust」を提供するadjust株式会社の谷口健二氏と、同プラット
フォームを用いてマーケティングの成果向上に取り組む株式会社SODAの髙島一人氏
が登壇。モバイルアプリ起点でビジネスを急成長させるための秘訣を解説した。


◆レコメンド活用で限られたリソースを有効活用へ 中小事業者こそ大事にしたい
LTV経営と顧客軸の提案
 リピート通販やサブスクリプション型のECにかぎらず、近年は単品通販でも「LT
V向上」に重きを置く流れが加速しています。収益を上げ、より良い商品やサービ
スの提供を目指す中で企業・ブランドはどのような取り組みをすべきなのでしょう
か。本記事では、DeFactory株式会社の徳満翔平さんが「LTVの向上」「新規顧客獲
得コストの低減」の観点から選択肢のひとつとして「レコメンド」を挙げ、実践す
ることで広がる可能性やメリット・デメリットについて解説します。


◆リピート率70%のDERMED、経由売上2.5倍のサカゼン 自社アプリ運用を軌道に
乗せる秘訣を伝授
 生活者の多くが日常的に活用しているスマートフォン。企業・ブランドは、この
もっとも身近な顧客接点をどのように活用し、コミュニケーションを図るべきなの
だろうか。アプリ活用はその選択肢のひとつであり、顧客に支持され選ばれる企業
・ブランドの多くが現在注力している領域だ。すでにアプリ経由で商品を購入した
顧客のリピート率が70%を記録する事例も存在し、強固なつながりを作る有効な手
段と言えるだろう。2022年8月30日開催の「ECzine Day 2022 August」にて、株式
会社ヤプリ マーケティング部コミュニケーショングループの神田静麻氏と、新規
事業開発室の和田理美氏が登壇。これまでに700以上のアプリ構築を支援してきた
立場から、ECとアプリの親和性の高さについて解説した。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 新着ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・EC通販特化型CRM『LTV-Lab』がBtoB EC・Web受発注システム『Bカート』と連携
(10-18)


・「TEMPOSTAR」が「dショッピング」とサービス連携 受注・在庫・商品情報の一
元管理が可能に(10-17)


・「北欧、暮らしの道具店」に“下着カテゴリ”追加、顧客ニーズに応えD2Cカテ
ゴリを拡充(10-17)


・「awoo AI」とデータフィード管理プラットフォーム「Gyro-n DFM」がシステム
連携(10-17)


・久、理想顧客の再現性を高めることに特化した分析サービス「ECコネクターアナ
リティクス」リリース(10-17)


・セーブ・ザ・チルドレン、寄付プラットフォームの不正利用抑止のためForter採
用 承認率が2%上昇(10-16)


・以前より物価意識が強い層ほど物価高に強い不安 低所得層の悪影響大きく/朝
日大学マーティング研究所調査(10-16)


・Shopifyアプリ「All in gift」、eギフトを受け取った人への「クーポン機能」
リリース(10-15)


・セカンドストリート、オンラインストアでペイディが利用可能に(10-15)


・Sparty、D2Cブランド公式オンラインストアにリピート購入型EC向け後払い決済
「atone」導入(10-15)


・ECマネジメントプラットフォーム「AnyX」、ECでの限界利益算出を可能にするア
ナリティクス機能開始(10-14)


・アドビ、2022年ホリデーシーズンのオンライン売上高を2,097億ドルと予測
(10-14)


・Appify mobileがアップデート 顧客貢献度の可視化と店舗との顧客データ結合
が可能に(10-14)


・「PayPayモール」、ミニアプリをリニューアルし新生「日用品」ミニアプリの提
供開始(10-14)


・Amazon Pay主催「はじめる&のばす ネットショップ」11/11オンライン開催
(10-14)


・「Yahoo!ショッピング」がリニューアル 探しやすく、毎日お得な売り場で安全
・安心な買い物体験を(10-14)


・PayPayフリマが集荷サービス開始 ヤマト運輸の「おてがる配送」で商品を自宅
などから発送可能に(10-13)


・接客チャット「チャネルトーク」、導入社数10万社を突破(10-13)


・ベースフード、東京証券取引所グロース市場への新規上場が承認(10-13)


・Amazon、販売事業者のブランド構築支援ツールを強化 ブランド訴求と顧客ニー
ズ分析をサポート(10-13)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 人気ランキング(10/12~10/18)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<記事>

●1位 フルリモートでEC運営 月数件の受注から2年で売上1億を達成したハートウ
エルの試行錯誤を振り返る


●2位 楽天が商品情報管理を仕様変更へ モールは引き続きユーザビリティ強化の
傾向


●3位 期待を超えるOMOは 1対1の接客から


●4位 CVR向上に欠かせない「使い勝手の悪さ」の解消 インセンティブ訴求の変
更で成果につなげたプチ改修事例


●5位 フリクションレスな接客でECの体験向上へ 5万回のA/Bテストから得たCVR
改善の思考法と成功例とは


<ニュース>

●1位 EC通販特化型CRM『LTV-Lab』がBtoB EC・Web受発注システム『Bカート』と
連携


●2位 「北欧、暮らしの道具店」に“下着カテゴリ”追加、顧客ニーズに応えD2C
カテゴリを拡充


●3位 「Yahoo!ショッピング」がリニューアル 探しやすく、毎日お得な売り場で
安全・安心な買い物体験を


●4位 久、理想顧客の再現性を高めることに特化した分析サービス「ECコネクター
アナリティクス」リリース


●5位 Appify mobileがアップデート 顧客貢献度の可視化と店舗との顧客データ
結合が可能に


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] 季節に一度の雑誌『季刊ECzine』を試し読み
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ECzine編集部では、2017年6月から
季節に一度の紙の雑誌『季刊ECzine』を刊行しています。

最新号の特集はこちらです。

●季刊ECzine 第22号
『Above and Beyond expectations!!
~期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド~』


なお、過去21冊分の記事をウェブに再掲載した「プレミアム記事」が
Amazon Payでもお読みいただけるようになりました。
よろしければお試しください。

●『季刊ECzine』掲載記事がウェブでも読める!ECzine Premium


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[6] 配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの配信停止はこちらからお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/ecz?token=&utm_source=23970&utm_medium=email

配信先の変更はこちらから(ログインが必要です)。
https://shoeisha.jp/users/account

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/ecz/
 へご連絡ください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 ECzine編集部
(c)2013 SHOEISHA. All rights reserved.

Special Contents

PR

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング