SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

一歩踏み込んで掴む オンライン海外市場

Instagramで需要把握、熱狂的ファンコミュニティの活用 越境EC展開に役立つ顧客アプローチ方法

 コロナ禍は、人々のデジタルシフトを加速させるひとつのきっかけとなりました。インバウンド需要がほぼ消失する中で、日本好きな外国人による「日本ロス」といった言葉も出現し、今は「第3次越境ECブーム」と言える時代です。しかし、自社製品の需要がわからない、どのようにアプローチしたらよいのかわからない方も多いのが実情でしょう。当連載では、BeeCruise(BEENOSグループ)の本間さんがオンライン海外市場進出のステップを紹介します。第4回は「顧客獲得のためのコミュニティ創出と活用」についてです。

 ボーダレスなオンライン環境を活用し、オンライン海外市場に挑戦するためのSTEPを解説する当連載。とくに「コミュニティ」に焦点を当て、第1回第2回ではSTEP1「海外オンラインコミュニティがどこに存在するのかを探す」、そして第3回ではSTEP2として「コミュニティへアプローチするにあたっての国ごとの留意点」をご紹介しました。今回はSTEP3「顧客獲得のためのコミュニティ創出と活用」について、具体的な事例を紹介しながらお伝えします。

顧客理解とアプローチの成功例 AURAFICの美容師はさみ

 ヘアケア・スキンケア製品の研究開発や美容師はさみの製造販売を行う福岡県の企業 AURAFIC株式会社は、InstagramやFacebookなどのSNSを活用し、イギリス、フランス、アメリカ、オーストラリアへの美容師はさみの販売に成功しています。

 代表の岩永氏は元々美容師としてのキャリアを積んでいましたが、美容師、ヘアサロンだけではなく、ヘアケア製品や美容師はさみの海外販売によって美容師が安定して利益を得るビジネスモデルを構築したいと考え、2017年にAURAFICを設立しました。国によって水質やそこに住む人の髪質はさまざまですが、創業当初より海外販売も視野に入れて、グローバルに対応できる製品を開発。そしてヨーロッパなどのサロンへ直接営業を行うだけでなく、Instagramを使ったアプローチによっても海外販路を開拓しています。

 「Instagramでのアプローチ」とお伝えすると、一般的には「インスタ映え」する写真の投稿や情報発信を積極的に行うことを想像するのではないかと思います。しかし、AURAFICでは、よりターゲットを絞って取り組みを行いました。

 まず、同社はヘアケア製品や美容師はさみなどの投稿写真・動画をハッシュタグ検索し、積極的に情報発信をしている美容師やヘアサロンを調査しました。加えて、大手のヘアケアブランドのアンバサダーなど、美容業界におけるインフルエンサーをフォローし、こうした人々の投稿に「いいね!」や絵文字、コメントなどを送りました。とくに積極的に投稿を行ったのは、リアルタイムでやり取りができるInstagramストーリーズです。必ずしも返事がもらえるわけではありませんが、毎日これを継続することで、マスではなくアプローチしたいターゲットからの認知を地道に得ていきました。

 Instagramの投稿で同社は、写真だけでなく製品の様子がよりわかる動画も投稿しています。また、商品価格を円、ユーロ、ドル、ポンドで併記する、英語で製品の特徴を記載するなど、海外ユーザーが購入の判断をしやすいよう、掲載する情報にも工夫が見られます。

 なお、同社は日本語・英語併記で、海外決済に対応したECサイトを開設しており、Instagramで認知拡大した後の購入につなげています。こうした地道な発信を続けつつ、自社開発したヘアケア製品の販売活動を行う中で、ヨーロッパの美容師から職人の手仕事による日本の美容師はさみの需要が予想を超えて高いことがわかり、現在は美容師はさみの販売にさらに力を入れています。

 AURAFICは、獲得したい海外市場に適した商品開発とInstagramでのアプローチ、ターゲットに向けた直接的な情報発信、海外向けECの開設といったように、商品開発から認知、販促、購入までの導線をきちんと引いていました。顧客の属性などを理解した上で、求められている高品質な商品と購入判断時に必要な情報提供を適切に行ったことによる成功例だと言えます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
海外向けアプローチにも有効 コミュニティを抱えるコンテンツ活用

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
一歩踏み込んで掴む オンライン海外市場連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

BeeCruise株式会社 執行役員 グローバルマーケティング From Japan担当 本間哲平(ホンマテッペイ)

2008年 スタートアップのD2Cメーカーに入社。小売・流通業界のリアル店舗からEコマース分野において事業開発及びマーケティング全般を担う。2012年に同社グループのコスメ会社を経営責任者として立ち上げる。2014年tenso株式会社に参画し、国内ECサイトの海外販売支援に従事。2015年に同社の執行役員に就任。現在は国内企業の海外進出時のマーケティング事業や自社サービスの越境ECプロモーション、新規事業...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/9995 2021/11/08 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング